ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 消費生活センター > 配達記録郵便を利用した詐欺的料金請求の新手口が発生しています!

本文

ページ番号:0000008921更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

配達記録郵便を利用した詐欺的料金請求の新手口が発生しています!

 身に覚えのない携帯電話の有料番組情報サービス利用料の請求が配達記録郵便で届いたという事案が発生しています。
 督促状には、本人の住所・氏名・携帯電話番号・契約携帯電話会社名などが記されており、また、架空と思われる利用明細と郵便局への払込み取扱票が同封されています。
 このように手の込んだ内容となっていますが、いかにもっともらしく見せても、利用していない請求については支払義務はありません。

対処方法

  • このような身に覚えの無い請求に対しては、無視してください。
  • 連絡をすると、個人情報をさらに相手方に知らせてしまう恐れがあります。
  • 相手に連絡を取る前に、消費生活センターか最寄りの警察へご相談ください。
  • 相手は何らかの方法で携帯電話番号と住所・氏名が繋がった個人情報を入手していると思われます。個人情報の取り扱いには十分ご注意ください。

外部リンク

詳細な個人情報を掲載した携帯メールにご注意!(国民生活センター)<外部リンク>

このページに関するお問い合わせ先

市民局 消費生活センター
電話:082-225-3300/Fax:082-221-6282