ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 市民局 > 市民局 消費生活センター > 国や県、市の職員を装った「振り込め詐欺」にご注意を!

本文

ページ番号:0000008906更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

国や県、市の職員を装った「振り込め詐欺」にご注意を!

 広島市など県内で消費生活センターの職員を名乗って自宅を訪問し、実際に行った過去の工事に関して、

「以前、リフォームを行っていますね」
「○○万円の返金ができますから、通帳又はキャッシュカードを預からせてください」
「返金確認後、すぐに返します」

と偽の名刺を手渡して、返金の手続きを代わって行うふりをして暗証番号を聞き出し、通帳又はキャッシュカードを使って預金を引き出す被害が発生しています。

なお、広島県内で年金事務所(旧社会保険事務所)の職員を名乗って高齢者宅に電話し、

「高額医療費が還付されるので、フリーダイヤルに電話してください」
「通帳やキャッシュカードを持ってスーパーのATMコーナーに行ってください」

と告げ、現金を振り込ませようとする事案が発生しています。

  • 年金事務所(旧社会保険事務所)や県、市の消費生活センターでは、このような方法で金銭の返還手続きをすることはありません。
  • 預金通帳やキャッシュカードは、絶対に他人に預けないでください。
  • 同じような事案があった場合は、すぐに最寄りの警察か消費生活センターへご相談ください。

このページに関するお問い合わせ先

市民局 消費生活センター
電話:082-225-3300/Fax:082-221-6282