ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 総務課 > マイナンバーカード(個人番号カード)のメリットと申請方法について

本文

ページ番号:0000015425更新日:2020年6月29日更新印刷ページ表示

マイナンバーカード(個人番号カード)のメリットと申請方法について

マイナンバーカード

マイナンバーカードの画像

1 マイナンバーカードのメリット

 

 平成27年10月からマイナンバー制度が導入され、翌年1月からマイナンバーカードの申請が可能となりました。マイナンバーカードを取得することにより、以下のような利用に関するメリットがあります。

マイナンバーを証明する書類としての利用

 源泉徴収票の作成や児童手当の申請の手続などマイナンバーの提示が必要な場面で、マイナンバーを証明する書類として使用できます。

マイナンバーを証明する書類としての利用の画像

人確認の際の身分証明書としての利用

 公的機関での本人確認のための身分証明書として利用できるため、マイナンバーの提示と本人確認が同時に必要な場面に1枚で済む唯一のカードです。
本人確認の際の身分証明書としての利用の画像

コンビニでの各種証明書の取得

 コンビニで住民票の写しや印鑑登録証明書等が取得できます。
 ※詳しくは、「証明書のコンビニ交付」をご御覧ください。
コンビニでの各種証明書の取得の画像

各種行政手続のオンライン申請での利用

 e-Taxの利用や、今後、マイナポータルを活用して子育て関連手続などのオンライン申請の利用ができます。
 ※マイナンバーカード申請時に電子証明書の利用設定が必要です。
 ※マイナンバーカードを使用したe-Taxには、マイナンバーカード対応のICカードリーダライタまたはマイナンバーカード対応のスマートフォンが必要です。
 ICカードリーダライタの対応機種等については「公的個人認証ポータルサイト(地方公共団体情報システム機構)<外部リンク>」をご確認ください。
 ※e-Taxの詳細については「e-Tax(国税庁ホームページ)<外部リンク>」をご確認ください。

※マイナンバー制度については、「社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について」をご覧ください。

2 マイナンバーカードの申請方法

 マイナンバーカードの申請には、主に以下の方法があります。

  1. 郵送による申請方法
  2. スマートフォンによる申請方法
  3. パソコンによる申請方法

 それぞれの申請方法については、「マイナンバーカード交付申請(マイナンバーカード総合サイト)<外部リンク>」をご覧ください。
 ※マイナンバーカードの受取方法については、「マイナンバーカード(個人番号カード)の受取方法について」をご覧ください。
マイナンバーカードの申請方法の画像1マイナンバーカードの申請方法の画像2マイナンバーカードの申請方法の画像3

 また、ご自宅にパソコンをお持ちでない場合などには、各区役所市民課に設置しているマイナポータル用端末を使って写真撮影を行い、マイナンバーカードのオンライン申請ができます。

申請できる方

 ご本人(代理申請はできません。)

申請できる場所

 お住まいの区役所市民課(出張所・連絡所では申請できません。)
※ 申請手続には時間がかかりますので、時間に余裕を持ってお越しください。

申請に必要なもの

 申請の際は、通知カードとともに送付されている「個人番号カード交付申請書(236KB)(PDF文書)」をお持ちください。紛失などによりお持ちでない場合は、各区役所市民課へお問い合わせください。

本人限定受取郵便での受取を希望する場合

 「個人番号カード交付申請書」のほか、次の(1)から(3)までの全ての書類をお持ちいただいた場合は、約1か月後に区役所・出張所から本人限定受取郵便で、マイナンバーカードを郵送することができます。

  1. 通知カード(返納していただきます。)
  2. 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ、返納していただきます。)
  3. 本人確認書類(次のア又はイのいずれか1つの方法で本人確認を行います。)
    • ア Aから1点
    • イ アをお持ちでない方は、Bから2点

 ※ ア、イともに、必要に応じて質問をさせていただき、本人確認を行うことがあります。

本人確認書類一覧

A

顔写真が貼付された官公署発行の身分証明書(期限があるものは有効期限内のもの)

住民基本台帳カード(写真付き)、運転免許証、在留カード、特別永住者証明書、パスポート(旅券)、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたもの)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、一時庇護許可書、仮滞在許可書

B


許可証もしくは資格証明書で、顔写真が貼付されたもの

海技免状、小型船舶操縦免許証、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地宅建取引士証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書等


「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されており、官公署又は法人が発行したもの

船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検査合格者、生活保護受給者証、健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、預金通帳(住所の記載があるものに限る)、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類等

また、暗証番号の設定が必要となりますので、事前に暗証番号を決めておいていただきますようお願いします。

署名用電子証明書(※1)を利用するための暗証番号 e-Taxなどの電子申請等を行うときに、インターネットで送信した電子文書が改ざんされていないという情報を送信する際に入力する暗証番号 英数字6文字以上16文字以下で設定してください。
利用者証明用電子証明書(※2)を利用するための暗証番号 コンビニ等での証明書交付、e-Tax及びマイナポータルのログイン等において、利用者本人であることの認証を行う際に入力する暗証番号 数字4桁で設定してください。
3つとも同じ暗証番号を設定することもできます。
住民基本台帳用暗証番号 住民基本台帳の事務に必要な暗証番号
券面事項入力補助用暗証番号 電子申請等において、個人番号や氏名等の情報をICチップから読み出すための暗証番号

(※1)署名用電子証明書…e-Taxなどの電子文書を送信する際などに、文書が改ざんされていないかどうか等を確認することができる仕組み
(※2)利用者証明用電子証明書…インターネットを閲覧する際などに、利用者本人であることのみを証明する仕組み
 なお、書類の一部をお持ちでない場合は、お手数ですが、区役所市民課・出張所へお越しいただき、マイナンバーカードを交付することになりますのでご了承ください。交付の際には、本人確認書類等が必要となります。詳しくは、「マイナンバーカード(個人番号カード)の受取方法について」をご覧ください。

各区役所市民課の連絡先

  • 中区役所市民課 082-504-2301
  • 東区役所市民課 082-568-7789
  • 南区役所市民課 082-250-8945
  • 西区役所市民課 082-532-1024
  • 安佐南区役所市民課 082-831-4906
  • 安佐北区役所市民課 082-819-3939
  • 安芸区役所市民課 082-822-7756
  • 佐伯区役所市民課 082-943-9711

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)