ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 総務課 > 亡くなられたとき

本文

ページ番号:0000015198更新日:2020年5月25日更新印刷ページ表示

亡くなられたとき

各区役所・出張所などのお問合わせ先はこちらです。

担当課欄に※印のある事項は、住所地を管轄する出張所でも手続きができます。(連絡所は除く。)

市営火葬場のご利用についてはこちらから

担当課欄に※印のある事項については、住所地を管轄する出張所でも手続きできます。

チェック

必要な手続き

持参していただくもの

 手続きのしかた手続きが必要な方

担当課

 

死亡届

死亡診断書、印鑑

死亡したことを知った日から7日以内に届出をしてください。
本籍地以外に届出をされた場合は、戸籍証明の交付ができるまでに日数がかかります。

区市民課

 以下の手続きは該当する方のみが必要になります。該当する場合は忘れずに手続きしましょう。

チェック 必要な手続き 持参していただくもの  手続きのしかた・手続きが必要な方 担当課

印鑑登録証の返還

印鑑登録証(カード)

死亡届により印鑑登録は自動的に廃止されます。登録証を返還してください。

区市民課

通知カード又はマイナンバーカードの返還

通知カード又はマイナンバーカード

死亡届出の後も、手続きによっては必要となることがありますので、しばらくは保管しておいてください。その後、返還してください。

区市民課

住民基本台帳カードの返還

住民基本台帳カード

死亡届により自動的に廃止されます。カードを返還してください。

区市民課

世帯主変更届

本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

世帯主が亡くなった後の世帯員が複数の場合、世帯主変更の届出が必要です。変更があった日から14日以内に届出をしてください。届出が不要な場合があります。詳しくは窓口へお問い合わせください。

区市民課

国民健康保険の喪失手続き

国民健康保険証

国民健康保険の加入者が亡くなった場合、国民健康保険の喪失手続きをしてください。

区保険年金課

国民健康保険葬祭費の申請手続き

国民健康保険証、葬祭執行者の印鑑、死体(埋)火葬許可証、葬祭執行者の預金口座番号を確認できるもの

国民健康保険の加入者が亡くなった場合は、葬祭執行者が申請してください。
葬祭を行った日の翌日から起算して2年を過ぎると支給されません。ご注意ください。
※勤務先等の健康保険であった人(国保組合を除く。)で、退職3か月以内に死亡した人は、以前加入していた健康保険で葬祭費を受け取ることができます。希望の際は,そちらの窓口にお尋ねください。

区保険年金課

国民年金の手続き
(加入されていた方)

死亡一時金・遺族基礎年金・寡婦年金などを請求できる場合があります。詳しくは窓口へお問い合わせください。

区保険年金課

国民年金の手続き
(受給されていた方)

未支給年金・未支払給付金請求の手続きが必要です。マイナンバーが収録されていない方は、年金受給件死亡届も提出してください。
なお、年金の種類によって提出先や必要書類、あるいは、手続きの要否が異なりますので、詳しくは窓口へお問い合わせください。(国民年金の一部や厚生年金等については年金事務所へ、共済年金については各共済組合へ手続きが必要となります。)

区保険年金課

原動機付自転車及び小型特殊自動車の手続き

所有者の変更又は廃車の手続きをしてください。詳しくは市税事務所又は税務室の窓口へお問い合わせください。

市税事務所
税務室

児童手当の手続き

死亡届により自動的に受給資格が消滅しますので手続きは不要です。ただし、未受給分の手当を受け取るためには、請求手続きが必要です。また、亡くなった方に代わって、配偶者等が受給者になるには、新たに請求手続きが必要となりますので、必ず窓口へお問い合わせください。
※ 亡くなった日の翌日から15日以内に請求手続きをしてください。手続きが遅れると、さかのぼって支給できません。

区福祉課

児童扶養手当の喪失又は申請手続き

喪失…届出者の印鑑、手当証書、死亡が確認できる書類等
申請…戸籍全部事項証明書、住民票の写し、印鑑等

未受給分の手当が請求ができる場合や、死亡した受給者に代わって児童を養育する方が新たに申請できる場合がありますので、詳しくは窓口へお問い合わせください。

区福祉課

こども医療費補助の喪失または変更手続き

受給者証、印鑑等

子どもが亡くなられた場合は受給者証を返還してください。
子どもの父または母が亡くなられた場合は変更手続きが必要になりますので、詳しくは窓口へお問い合わせください。

区福祉課

 

ひとり親家庭等医療費補助の申請手続き

戸籍全部事項証明書、健康保険証、印鑑等

児童の父又は母が亡くなった場合等、対象となる場合がありますので、窓口へお問合せください。

区福祉課

ひとり親家庭等医療費補助の喪失または変更手続き

受給者証、印鑑等

父子家庭の父および児童、母子家庭の母および児童が亡くなられた場合は受給者証を返還してください。
父子家庭の父または児童、母子家庭の母または児童が亡くなられた場合は変更手続きが必要になりますので、詳しくは窓口へお問い合わせください。

区福祉課

特別児童扶養手当の喪失手続き

手当証書、届出者の印鑑等

未受給分の手当が請求できる場合や、死亡した受給者に代わって児童を養育する方が新たに申請できる場合がありますので、窓口へお問い合せください。

区福祉課

母子父子寡婦福祉資金の貸付停止手続き

-----

資金の貸し付けを受けていた方。
詳しくは窓口へお問い合わせください。

区福祉課

重度心身障害者医療費補助の喪失手続き

受給者証、印鑑

受給者証を返還してください。

区福祉課

特別障害者 ・障害児福祉 ・経過的福祉手当の手続き

届出者の印鑑、配偶者等の預金通帳(未払いの手当がある場合)

認定を受けていた方。 

区福祉課

心身障害者扶養共済年金・弔慰金の請求手続き

持参していただくもの、手続き方法が異なりますので、詳しくは窓口へお問い合わせください。

区福祉課

身体障害者手帳の返還 身体障害者手帳、届出者の印鑑 手帳の交付を受けていた方。 区福祉課
療育手帳の返還 療育手帳、届出者の印鑑 手帳の交付を受けていた方。 区福祉課

障害福祉サービス等の受給者証の返還手続き

受給者証

受給者証を返還してください。

区福祉課

精神障害者保健福祉手帳の返還

精神障害者保健福祉手帳

手帳を返還してください。

区福祉課

自立支援医療(精神通院・育成・更生医療)の喪失手続き

医療受給者証

医療受給者証を返還してください。

区福祉課

福祉電話・あんしん電話の廃止届

身体障害者手帳、届出者の印鑑

住所地の区役所の担当課で廃止の手続きをしてください。

区福祉課

小児慢性特定疾病医療費助成の手続き

受給者証

返還届を提出し、受給者証を返還してください。

区福祉課

特定医療費支給認定の中止届

特定医療費(指定難病)受給者証

中止届を提出し、特定医療費(指定難病)受給者証を返還してください。

区福祉課

あんしん電話・福祉電話・配食サービス・高齢者在宅介護用品支給の廃止手続き

届出者の印鑑

住所地の区福祉課で廃止の手続きをしてください。

区福祉課

後期高齢者医療被保険者証等の返還手続き

被保険者証、限度額適用・標準負担額減額認定証等

被保険者証等を区福祉課高齢介護係へ返還してください。

区福祉課

後期高齢者医療の葬祭費の支給申請手続き

死体(埋)火葬許可証、葬祭執行者の印鑑、預貯金口座番号がわかるもの

葬祭を行った方が区福祉課高齢介護係へ申請してください。
葬祭を行った日の翌日から起算して2年を過ぎると支給されませんのでご注意ください。

区福祉課

介護保険被保険者証の返還

被保険者証

40歳以上の方で被保険者証をお持ちであった方。
区福祉課高齢介護係へ返還してください。

区福祉課

介護保険負担割合証、介護保険負担限度額認定証等の返還

負担割合証、負担限度額認定証等

広島市で要介護認定を受けていた方等であって、証の交付を受けていた方。区福祉課高齢介護係へ返還してください。

区福祉課

被爆者葬祭料の支給申請手続き 被爆者健康手帳、死体(埋)火葬許可証、死亡診断書又は死体検案書、申請者の印鑑・預金通帳等 区地域支えあい課へ葬祭を行う方が申請してください。(被爆者の死亡日から5年以内)死亡した被爆者が手当受給者であった場合は、手当証書を返還してください。 区地域支えあい課
被爆者健康手帳等の返還 被爆者健康手帳、第一種健康診断受診者証、第二種健康診断受診者証 区地域支えあい課へ被爆者健康手帳等を返還してください。 区地域支えあい課

生活保護の手続き

被保護者証明書(夜間・休日等受診用)

被保護者証明書(夜間・休日等受診用)を返還してください。

区生活課

市営住宅の同居者の異動又は使用の権利の承継の手続きなど 市営住宅の同居人が死亡された場合は、異動の手続きが必要です。また、市営住宅の入居名義人が死亡され、その同居者が引き続き居住しようとするときは、所定の手続きをし、承認を受けてください。承認を受けるためには、一定の条件をみたしていることが必要です。詳しくは担当課へお問い合わせください。 区建築課
市営墓地(又は高天原納骨堂)使用者の相続による権利移転(承継)手続き 市営墓地(又は高天原納骨堂)の使用権者が死亡された場合、承継される方により必要書類等が異なります。詳しくは窓口へお問い合わせください。
【市営墓地:Tel 082-241-7451】
【高天原(たかまがはら)納骨堂:Tel 082-289-1698】
健康福祉局
環境衛生課

地下水(井戸水)等使用人数等の変更

地下水(井戸水)等を使用され、下水道使用料を支払われている世帯で、死亡により世帯人数等に異動がある場合は、下水道局管理課へご連絡ください。(Tel 082-241-8258)

下水道局
管理課

水洗便所設備資金貸付金の借受人の変更手続き

-----

下水道局管理課へご連絡ください。(Tel 082-241-8257)

下水道局
管理課

水洗便所設備資金貸付金の連帯保証人の変更手続き

-----

下水道局管理課へご連絡ください。(Tel 082-241-8257)

下水道局
管理課

し尿くみ取りの中止又は人数、申込者の変更

広島市都市整備公社環境事業課へご連絡ください。(Tel 082-244-7791)
※東区温品、上温品、馬木、福田地区及び安芸区にお住まいの方は、安芸地区衛生施設管理組合へご連絡ください。(Tel 082-885-2534)

環境局
業務第二課

浄化槽管理者変更等の手続き 浄化槽管理者が死亡された場合は、浄化槽管理者変更の手続きが必要です。浄化槽の使用を休止される場合は、浄化槽休止報告の提出が必要です。担当課まで連絡してください。(Tel082-504-2223)
※市営浄化槽を使用されているときは、下水道局管路課へ連絡してください。(Tel082-504-2719)

防災行政無線屋内受信機の返納

防災行政無線屋内受信機を貸与されている方が死亡されたときは、防災行政無線屋内受信機の返納が必要です。詳しくは危機管理室災害対策課に電話等で連絡してください。(Tel 082-504-2831)

危機管理室
災害対策課

森林の土地の所有者届出 位置図、登記事項証明書など土地の所有権を有することが証明できる書類 対象となる森林を所有している方が死亡されたときは、所定の様式により、死亡の日から90日以内に届出をしてください。様式は担当課に備付のほか、市ホームページからダウンロードすることもできます。詳しくは担当課へお問い合わせください。 区農林課(安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区)
区地域起こし推進課(上記の区以外)

農地の相続等の届出

相続登記後の土地の全部事項証明書、届出者の認印(代理人の場合は委任状)等

所定の様式により、相続の日から概ね10か月以内に届出をしてください。様式は担当課に備付のほか、市ホームページからダウンロードすることもできます。詳しくは窓口へお問い合わせください。

農業委員会
事務局

被相続人居住用家屋等確認書の申請(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除関係)
空き家を相続してから3年後の年末までに売却するなど一定の基準を満たす場合、譲渡所得から3,000万円が控除されます。
税務署で控除の申告をする前に、空き家所在地の区役所建築課にて 「被相続人居住用家屋等確認書」の申請が必要です。
提出書類など詳しくは区役所建築課へお問い合わせください。
空き家所在地の区建築課

不動産の相続登記

土地や建物の相続による所有権移転登記は、不動産の所在地を管轄する法務局に申請が必要です。
登記をしないと、すぐに土地や建物の売却などができないだけでなく、長期間放置して相続関係が複雑になった場合は、多額の費用がかかるおそれがあるため、速やかに所有権移転登記を行いましょう。
また、相続登記を始め、その他の相続手続の際には「法定相続情報証明制度」が利用できます。
詳しくは、法務局へお問い合わせください(法務局ホームページはこちら<外部リンク>をご覧ください。)。
※中区、東区、南区、西区、安佐南区、安芸区管内: 広島法務局(TEL082-228-5201)
 佐伯区管内:廿日市支局(TEL0829-31-0164)、安佐北区管内:可部出張所(TEL082-812-2548)
 【管内法務局一覧の詳細は、法務局ホームページ<外部リンク>を参照してください。】

 各区役所・出張所などのお問合わせ先はこちらです。