ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 健康福祉局 > 健康福祉局 保健部 環境衛生課 医務・薬務担当 > 役員変更の場合の添付書類等について

本文

ページ番号:0000014696更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

役員変更の場合の添付書類等について

1 組織規程図または業務分掌表

業務を行う役員がわかるように□で囲んでください。変更前、変更後のものが必要です。
日付法人の名称・所在地代表者名を記載してください。

2 登記事項証明書

登記されている内容に変更が生じた場合に必要です。原本を提出してください。
変更内容が確認できるものでなければならないので、現在事項証明書ではなく履歴事項証明書が必要となります。

3 疎明書

申請者が法人である場合、業務を行う役員が麻薬等中毒患者及び精神機能障害者ではないことを疎明することができます(代表者を除く)。
その書類のことを疎明書といい、診断書の代わりとすることができます。
疎明書には、日付法人の名称・所在地代表者名を記載してください。

※ 麻薬免許の場合は疎明書は認められません。

4 役員の欠格条項

変更届出書の備考欄に、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第5条第3号の該当の有無を記載してください。

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第5条第1項第3号

  • イ 許可を取り消され、取消しの日から3年を経過していない者
  • ロ 登録を取り消され、取消しの日から3年を経過していない者
  • ハ 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった後、3年を経過していない者
  • ニ 薬事に関する法令または処分に違反し、その日から2年を経過していない者
  • ホ 成年被後見人または麻薬等中毒患者
  • ヘ 精神機能障害者

該当しない場合は、次のように記載してください。(ホの麻薬等中毒患者及びヘについては診断書等で証明します)
「○○(新たに業務を行う役員の名前)は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第5条第1項第3号イからニに該当しません」

*その他ご不明な点がありましたら広島市保健所薬務係にお問い合わせください。

受付窓口及び受付時間

 受付窓口 広島市保健所及び各区保健所分室
 開庁時間 平日午前8時30分から午後5時15分