ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 税金についてのお知らせ > 三輪以上の軽自動車の廃車手続における新型コロナウイルス感染症の拡大防止の対応について
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金 > 軽自動車税 > 三輪以上の軽自動車の廃車手続における新型コロナウイルス感染症の拡大防止の対応について
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 税金 > 軽自動車税 > 三輪以上の軽自動車の廃車手続における新型コロナウイルス感染症の拡大防止の対応について

本文

ページ番号:0000144899更新日:2021年3月24日更新印刷ページ表示

三輪以上の軽自動車の廃車手続における新型コロナウイルス感染症の拡大防止の対応について

 総務省からの通知により、昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、軽自動車検査協会窓口の混雑緩和対策のため、次のとおり対応することになりました。

 三輪以上の軽自動車の廃車手続において、3月中に廃車や使用停止を伴う所有権変更が行われ、かつ、その事由が発生してから15日以内に所定の手続がなされた場合に限り、申告書の提出が令和3年4月以降であっても令和3年度の軽自動車税(種別割)の課税は行いません。
 これを踏まえ、軽自動車検査協会の窓口での混雑緩和に、ご理解とご協力をお願いいたします。

 なお、令和3年度の軽自動車税(種別割)の納税通知書は5月6日(木曜日)に発送する予定ですが、上記の廃車手続を完了した場合でも、事務処理の都合上、納税通知書がお手元に届く場合がございますので、ご了承ください。
 この場合、後日課税取消の通知を送付いたしますので、納付されないようにお願いいたします。

 詳しい手続については軽自動車検査協会のHPをご確認ください。

 軽自動車検査協会ホームページ<外部リンク>