ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 下水道局 > 下水道局 河川防災課 > 平成30年7月豪雨災害に伴い民有地内に流入・堆積した土砂等の処理及び被災家屋の解体・撤去について

本文

ページ番号:0000190683更新日:2020年11月1日更新印刷ページ表示

平成30年7月豪雨災害に伴い民有地内に流入・堆積した土砂等の処理及び被災家屋の解体・撤去について

 本市では、平成30年7月豪雨災害の被災者の生活再建支援や二次災害防止により、早期の復旧・復興につなげるため、被災直後から所有者等の御依頼に基づき、民有地(宅地、農地)に流入・堆積した土砂等の処理及び被災家屋(全壊・大規模半壊・半壊)の解体・撤去について、積極的に取り組んできました。
 現在、災害発生から2年余りが経過し、復旧・復興が着実に進み、新たに要件に該当する御要望もない状況に至ったことから、令和2年11月30日をもって受付を終了いたします。