ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 下水道局 > 下水道局 河川防災課 > 国土交通省及び広島県が主催する砂防堰堤現場見学会等のお知らせ

本文

ページ番号:0000111699更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

国土交通省及び広島県が主催する砂防堰堤現場見学会等のお知らせ

 国土交通省及び広島県では、平成11年や平成26年、平成30年等の土砂災害に対応するため、砂防堰堤の整備が進められています。

 完成した砂防堰堤や、現在整備中の状況を実際に見ていただくことや、過去の災害を知っていただくことで平時の危機意識や防災意識の向上につながるものと考えています。

 つきましては、砂防堰堤の整備を進めている国土交通省及び広島県における以下の取り組みについてご案内します。

国土交通省が主催する「砂防堰堤現場見学会」についてのご案内

 国土交通省では、所管する工事現場などへの見学を受け入れています。土砂災害防止に重要な役割を担う砂防堰堤をはじめ、河川・道路・ダムなどの公共施設の役割や重要性について理解を深めることができます。

 詳しくは、以下の中国地方整備局の「現場へようこそ」をご覧いただき、直接国土交通省にお申し込みください。

 国土交通省が主催する「砂防堰堤見学会」については、国土交通省 中国地方整備局 広島西部山系砂防事務所(Tel:082-212-1010)にお問い合わせください。

 具体的な見学箇所はこちら [PDFファイル/89KB]

現場へようこそ

広島県が主催する「土砂災害 啓発・伝承プロジェクト」のご案内

 広島県では、過去に甚大な土砂災害が多く発生しており、過去の土砂災害の記憶を風化させず、広島県民の皆様の土砂災害に関する防災意識の醸成のため、土砂災害防止に関する啓発・伝承パネルやパンフレットを作成しています。

 地域の皆様が実施する土砂災害防止の啓発や地域の災害伝承の取組などのイベントへ、つなぐキットを貸出し、提供致しますので、ぜひご利用ください。

 詳しくは、以下の「災害の記憶つなぐ人の輪づくり ~土砂災害 啓発・伝承支援制度~」をご覧いただき、直接広島県にお申し込みください。

 広島県が主催する「土砂災害 啓発・伝承プロジェクト」については、広島県土木建築局砂防課(Tel:082-221-3764)にお問い合わせください。

 詳細はこちら<外部リンク>

啓発・伝承プロジェクト

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)