ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 道路交通局 > 道路交通局 都市交通部 新交通担当 > 西広島駅自由通路等の整備について

本文

ページ番号:0000007091更新日:2019年12月20日更新印刷ページ表示

西広島駅自由通路等の整備について

1 目的

本市のデルタ市街地における西の交通拠点である西広島駅周辺地区において、JRと路面電車、バスの乗換利便性の向上など、交通結節機能の強化を図るため、自由通路等の整備、南口駅前広場の再整備、北口駅前広場及びアクセス道路の整備に取り組みます。

2 事業概要

⑴ 概要

              【位 置 図】

JR西広島駅自由通路位置図

heimenzu

完成イメージ

南口イメージ
西広島駅 南口イメージパース

北口イメージ
西広島駅 北口イメージパース

南口からの景観
南口から見た景観

北口からの景観
北口からの景観

※現時点のイメージであり、若干変更となる可能性があります。

ア 自由通路等の整備

  • 西広島駅にJR山陽本線を跨ぐ自由通路を整備するとともに、駅舎を橋上化します。
  • 延長:約110m(うちJR山陽本線横断部 約40m)
  • 幅員:8m(一般部)、2.5~3.0m(階段部)
  • 昇降設備:エレベーター2基、エスカレーター4基
  • 橋上駅舎化:エレベーター2基、エスカレーター4基

イ 南口駅前広場の再整備

バス、タクシーの乗降場等の再配置や、JR西広島駅と広電西広島駅との乗換動線を考慮した通行路整備などにより、公共交通機関相互の乗換利便性の向上や円滑な交通処理を図ります。

南口駅前広場 面積:約3,180平方メートル

ウ 北口駅前広場及びアクセス道路の整備

駅前広場や、県道伴広島線(バス通り)と駅を連絡する道路を整備し、駅へのアクセス性の向上と、南口に集中するバス、タクシー、乗用車等の北口への分散を図ります。

北口駅前広場 面積:約3,910平方メートル

アクセス道路 延長:約160m、標準幅員:約23m

⑵ 経緯

  • 平成15年2月   都市計画道路己斐中央線の都市計画決定
  • 平成24年4月    自由通路の都市計画決定
  • 平成24年12月    自由通路の都市計画事業認可取得
  • 平成25~26年度 自由通路の基本設計等
  • 平成29年12月  JR西日本と自由通路等の施行に係る協定を締結
  • 平成31年1月   地元説明会の開催
  • 平成31年2月   自由通路等の工事着手

3 現状と課題

自由通路等については、令和元年度中に準備工事を終え、本体工事に着手します。

今後は、令和3年度末の暫定供用、令和4年度の完成を目指し、適切なスケジュール管理のもと事業を進めます。

4 今後の取組

⑴ 自由通路等の整備

  • 令和元年度~令和4年度 本体工事
  • 令和4年度末       完成(予定)

⑵ 南口駅前広場の再整備

  • 令和元年度   実施設計
  • 令和2年度    関係機関協議
  • 令和3~4年度  実施設計及び工事

⑶ 北口駅前広場及びアクセス道路の整備

自由通路等の令和4年度の完成時期に合わせ、西広島駅北口土地区画整理事業で取り組みます。

5.関連情報

アストラムライン延伸の事業化について

このページに関するお問い合わせ先

道路交通局 都市交通部 新交通担当
電話:082-504-2387/Fax:082-504-2426
メールアドレス:koutsubu@city.hiroshima.lg.jp