ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 道路交通局 > 道路交通局 都市交通部 交通対策担当 > JR安芸長束駅及びJR古市橋駅周辺地区バリアフリー基本構想 ~7 実施すべき特定事業とその他の事業~

本文

ページ番号:0000006948更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

JR安芸長束駅及びJR古市橋駅周辺地区バリアフリー基本構想 ~7 実施すべき特定事業とその他の事業~

目次

7 実施すべき特定事業とその他の事業

印刷する場合はページ下のダウンロードファイルをご利用ください。

元のページへ

7 実施すべき特定事業とその他の事業

 重点整備地区において、バリアフリー化に向けて公共交通事業者等が取り組むべき事業は次のとおりです。
 各事業は、基本構想に基づき、特定事業者が作成する特定事業計画により、具体的な実施内容などが定められることになります。なお、この計画の進捗については、本市が適宜整備状況を把握し、計画通り実施されるよう働きかけます。

(1) JR安芸長束駅

ア 公共交通特定事業
(ア) 西日本旅客鉄道(株)
  1. 改札口から各ホームに通ずる経路の改良
  2. 視覚障害者誘導用ブロックの改良
  3. 障害者対応トイレ(多機能トイレ)の設置
  4. 文字等による列車接近案内設備の整備
  5. 音声・音響案内装置の設置
  6. バリアフリー対応に関する社員教育・訓練及び実践
(イ) 広島交通(株)
  1. 低床車両の導入
  2. バリアフリー対応に関する社員教育・訓練及び実践
イ 交通安全特定事業
(ア)公安委員会

 a 生活関連経路上の違法駐車行為の取締り強化及び防止のための広報活動・啓発活動等の実施

ウ その他の事業
(ア)歩道等
  1. 放置自転車の撤去・指導等の実施
  2. 不法看板等の撤去・指導等の実施
(イ)生活関連経路に準ずる経路

 生活関連経路に位置付けて平成32年度末までに幅員2mの歩道を全線に整備することは困難であるが、生活関連経路と同様にバリアフリー化が望まれる経路であるため、対応可能な箇所については、生活関連経路に準じ、以下のバリアフリー化整備を行う。

  1. 視覚障害者誘導用ブロックの設置
  2. 歩車道境界の段差や勾配の改良
  3. 歩道の凸凹や勾配等の改良
  4. 路面の凸凹や段差等の改良
  5. バリアフリー化に資する信号機の改良・高度化
(ウ)歩行者用通路の検討(新安川河川区域の活用)

 新安川河川区域を活用し、歩行者用通路の整備について検討を行う。

(2) JR古市橋駅

ア 公共交通特定事業
(ア) 西日本旅客鉄道(株)
  1. 改札口から各ホームに通ずる経路の改良
  2. 視覚障害者誘導用ブロックの改良
  3. 障害者対応トイレ(多機能トイレ)の設置
  4. 文字等による列車接近案内設備の整備
  5. 音声・音響案内装置の設置
  6. バリアフリー対応に関する社員教育・訓練及び実践
(イ) 広島交通(株)
  1. 低床車両の導入
  2. バリアフリー対応に関する社員教育・訓練及び実践
イ 道路特定事業
(ア)広島市
  1. 生活関連経路上の視覚障害者誘導用ブロックの設置
  2. 生活関連経路上の歩車道境界の段差や勾配の改良
  3. 生活関連経路上の歩道の凸凹や勾配等の改良
ウ 交通安全特定事業
(ア)公安委員会

 a 生活関連経路上の違法駐車行為の取締り強化及び防止のための広報活動・啓発活動等の実施

エ その他の事業
(ア) 歩道等
  1. 放置自転車の撤去・指導等の実施
  2. 不法看板等の撤去・指導等の実施
(イ) 生活関連経路に準ずる経路

 生活関連経路に位置付けて平成32年度末までに幅員2mの歩道を全線に整備することは困難であるが、生活関連経路と同様にバリアフリー化が望まれる経路であるため、対応可能な箇所については、生活関連経路に準じ、以下のバリアフリー化整備を行う。

  1. 視覚障害者誘導用ブロックの設置
  2. 歩車道境界の段差や勾配の改良
  3. 歩道の凸凹や勾配等の改良
  4. 路面の凸凹や段差等の改良
  5. バリアフリー化に資する信号機の改良・高度化

元のページへ


ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)