ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 道路交通局 > 道路交通局 都市交通部 交通対策担当 > JR可部線電化延伸事業の概要

本文

ページ番号:0000006848更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

JR可部線電化延伸事業の概要

1 事業の目的

JR可部線は、本市の北部方面の公共交通の軸として、地域住民の移動手段の確保のみならず、安全で安心な交通サービスの提供や沿線住民の交流への寄与など、多様な役割を担っている。
このため、地域の交通利便性の向上を図るとともに、活力と賑わいを高めるための基盤づくりを目的として、JR可部線の可部駅から長井・荒下地区を含む河戸エリアまでの電化延伸に取り組む。

2 事業の主な経緯

  • 平成 6年 7月 「可部駅・河戸駅間電化促進期成同盟会(以下「期成同盟会」という。)」が発足
  • 平成10年 9月 JR西日本がJR可部線 可部~三段峡駅間の廃止を正式表明
  • 平成12年 3月 改正鉄道事業法の施行(鉄道事業の廃止が許可制から事前届出制となる)
  • 平成15年 12月 JR可部線 可部~三段峡駅間の廃止
  • 平成17年 3月 JR可部線電化延伸等連絡会を設置
  • 平成19年 10月 「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(以下「法」という。)」が施行
  • 平成20年 9月 「JR可部線活性化協議会」(JR西日本、関係バス事業者、広島市等で構成)を設置
  • 平成21年 4月 国の補助制度(法に基づき作成する連携計画に対する鉄道施設整備への補助)の創設
  • 平成22年 2月 法に基づき「JR可部線活性化連携計画」を広島市が策定
  • 平成23年 7月 「JR可部線利用促進同盟会」が発足(期成同盟会が平成23年3月に発展的に解消され、その活動を同会が引継)
  • 平成25年 2月 JR可部線電化延伸について、JR西日本と広島市が事業実施を合意
  • 平成25年 11月 JR西日本が国土交通大臣に鉄道事業許可申請書提出
  • 平成26年 2月 事業許可
  • 平成26年 6月 工事施行認可申請
  • 平成26年 11月 工事施行認可
  • 平成27年 2月 電化延伸新設工事に着手
  • 平成28年 7月 JR西日本が 駅名を公表(終点駅:あき亀山、中間駅:河戸帆待川)

3 事業の概要

⑴ 事業主体

 JR可部線活性化協議会(JR西日本、関係バス事業者、広島市等で構成)

⑵ 電化延伸区間

  • ア 区間:可部駅~荒下県営住宅跡地
  • イ 延長:約1.6km(単線)

⑶ 新駅設置

  • ア 中間駅:河戸帆待川(こうどほまちがわ)駅 【無人駅】
    ホーム形式:単式1面(4両対応、延長85m)
  • イ 終点駅:あき亀山(かめやま)駅 【無人駅】
    ホーム形式:頭端式1面(4両対応、延長85m)

 ※ なお、可部駅については、延伸に伴い下りホームを増設し、相対式ホームへ改良する。

⑷ 踏切の設置

  • ア 踏切数:3箇所
  • イ 設置場所
    • 国道54号と可部バイパス間に1箇所設置(車両通行不可)
    • 可部バイパス以西に2箇所設置(うち1箇所は近接する都市計画道路が整備され、鉄道と立体交差化が図られるまでの暫定踏切)

⑸ 概算事業費

 約27億円

⑹ 開業目標

 平成29年春

電化延伸区間図

電化延伸区間図の画像