ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 道路交通局 > 道路交通局 都市交通部 交通対策担当 > JR中野東駅及びJR安芸中野駅周辺地区バリアフリー基本構想 ~おわりに~

本文

ページ番号:0000006810更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

JR中野東駅及びJR安芸中野駅周辺地区バリアフリー基本構想 ~おわりに~

印刷する場合はページ下のダウンロードファイルをご利用ください。

元のページへ

おわりに

 今回作成した「JR中野東駅及びJR安芸中野駅周辺地区バリアフリー基本構想」では、JR中野東駅及びJR安芸中野駅の周辺をバリアフリーを進める地区と位置付けて重点整備地区とし、各事業者が実施すべき特定事業とともに、市民、事業者、行政がそれぞれ協力しながら取り組む考え方を取りまとめました。
 基本構想の目標年次は平成22年(2010年)としています。実施すべき事業の中には、JR駅における昇降設備の設置など、できるだけ早期のバリアフリー化が期待されるものも、放置自転車の防止などやや長い期間での継続的な取り組みが必要なものもあります。もちろん、すべての人が今日からでも始めることのできる「心のバリアフリー」は、目標年次に関わらない、普遍的なものであることは言うまでもありません。
 本構想の作成にあたり、多くの方々から様々な御意見を頂き、参考にさせて頂きました。
 今後、このJR中野東駅及びJR安芸中野駅周辺地区において、基本構想に掲げた事業の着実な推進が必要であり、本市としても、適宜、事業者への働きかけを行いながら、バリアフリー化を推進していくよう考えています。

元のページへ

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)