ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 道路交通局 > 道路交通局 道路部 街路課 > 街路事業により整備中の路線一覧(平成30年4月現在)

本文

ページ番号:0000006768更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

街路事業により整備中の路線一覧(平成30年4月現在)

(1) 広島高速道路の整備に関連する道路の整備

路線名 事業予定期間 延長
代表幅員
総事業費 図面上の
番号
矢賀大州線外1 ※ 平成8年度~
 平成30年代前半
1,000m
20~51m
144億円 1

※矢賀大州線については平成24年度暫定供用済

(2)-1 拠点地区を連絡する街路の整備

路線名 事業予定期間 延長
代表幅員
総事業費 図面上の
番号
中筋温品線
 (1工区)
平成12年度~
 平成30年代前半
1,280m
14~45m
166億円 2-1
中筋温品線
 (6工区)
平成12年度~
 平成30年代前半
790m
19~47m
70億円 2-2
霞庚午線
 (8・9工区)
平成10年度~
 平成30年代前半
1,360m
30m
172億円 3
長束八木線
 (3工区)
平成14年度~
 平成30年代前半
1,030m
22~25m
48億円 4-1
長束八木線
 (4工区)
平成29年度~
 平成30年代後半
480m
22~25m
31億円 4-2

(2)-2 良好な市街地を形成する街路の整備

路線名 事業予定期間 延長
代表幅員

総事業費

図面上の
番号
駅前観音線外1 ※ 平成7年度~
 平成30年代後半
1,190m
20~30m
86億円 5
駅前線 平成8年度~
 平成30年代前半

977m
14m

42億円

6
花都川線
(2工区)
平成9年度~
 平成30年代前半

320m
16m

16億円

7
山の手線 平成9年度~
 平成30年代後半
1,050m
18m
57億円 8
矢野中央線 平成27年度~
 平成30年代後半
366m
17m
21億円 9
畑口寺田線外1 平成27年度~
 平成30年代後半
880m
16~18m
33億円 10

※外1路線の吉島観音線については平成26年度完成

(2)-3 市街地整備等を支援する街路の整備

路線名 事業予定期間 延長
代表幅員
総事業費 図面上の
番号
駅前大州線外1 ※ 平成7年度~
 平成30年代前半
633m
25~32m
73億円 11
比治山東雲線 平成10年度~
 平成30年代前半
550m
25m
76億円 12
東雲大州線外1 平成20年度~
 平成30年代後半

590m
25~27m

79億円

13

※外1路線の段原蟹屋線については平成14年度完成

(2)-4 鉄道と道路の立体交差化の推進

路線名 事業予定期間 延長 総事業費 図面上の
番号
東部地区連続
立体交差事業
平成5年度~
 平成40年代
1,900m
(広島市域分)
370億円 14

※「延長」、「総事業費」については、平成30年1月に公表した「~「見直し案」の修正検討の結果について~」(1MB)(PDF文書)による。

ダウンロード

街路事業位置図(平成30年4月現在)(1325KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)