ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 道路交通局 > 道路交通局 道路部 道路計画課 > 平成17年道路交通センサス(交通量)

本文

ページ番号:0000006592更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成17年道路交通センサス(交通量)

平成17年(2005年)10月に実施した道路交通センサス(※)の結果を公表します。

(※)道路交通センサスは、道路の交通量や道路状況等を調査し、道路の計画、建設、維持修繕、その他管理などについて基礎資料を得ることを目的に行っている全国一斉の調査です。今回は平成11年(1999年)に続いて実施しました。

調査概要

調査実施路線

 交通量調査は、一般県道以上の道路及び一部の一般市道を対象として行いました。

 市内では、路線を管理している道路管理者が調査を実施しました。

道路種別

平日

休日

一般国道

80箇所

75箇所

主要地方道

46箇所

32箇所

一般県道

36箇所

13箇所

一般市道

25箇所

20箇所

都市高速道路

3箇所

3箇所

(市周辺部も含む)

調査日

種別

調査日

平日

平成17年(2005年)10月6日(木曜日)、12日(水曜日)、19日(水曜日)

休日

平成17年(2005年)10月2日(日曜日)、16日(日曜日)、23日(日曜日)

調査対象

種別

単位

内容

歩行者類

歩いている人、走っている人、身体障害者用車いすに乗っている人、乳母車を押す人、小児用の車に乗っている人、動力付二輪車又は二輪若しくは三輪車の自転車を押して歩いている人、親に手を引かれている子供、ローラースケート等によって通行している人、買物車を引いている人とする。(隊列、葬列は除く。)

自転車類

ペダルまたは、ハンドルクランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車とする。(車いす、小児用の車は除く。)

動力付二輪車類

自動二輪車、原動機付自転車及びその他の二輪の自転車とする。側車付のもの及び他の車両をけん引しているものを含む。

自動車類

(広島市自動車交通量図の数値)

乗用車類

乗用車類

○軽乗用車

 ナンバープレートの塗色が黄地に黒文字(自家用)又は黒地に黄文字(営業用)であり、かつ分類番号が50~59の自動車とする。

○乗用車

 分類番号3,30~39まで及び300~399まで分類番号5,7,50~59まで、70~79まで、500~599まで及び700~799まで

バス

分類番号2,20~29まで及び200~299まで

貨物車類

小型貨物車

○軽貨物車

 ナンバープレートの塗色が黄地に黒文字(自家用)又は黒地に黄文字(営業用)であり、かつ分類番号が40~49の自動車とする。

○小型貨物車

 分類番号4,6,40~49まで、60~69まで、400~499まで及び600~699まで

普通貨物車

○普通貨物車

 分類番号1,10~19まで及び100~199までの自動車とする。

○特種(殊)車

 ナンバープレートの塗色が黄地に黒文字又は黒地に黄文字のもののうち、分類番号が8,80~89まで及び800~899まで、9,90~99まで及び900~999まで、0,00~09まで及び000~099までの自動車とする。

調査時間帯

種別

時間帯

平日12時間調査

午前7時 から 午後7時

休日12時間調査

午前7時 から 午後7時

平日24時間調査

午前7時 から 翌午前7時

休日24時間調査

午前3時 から 翌午前3時

調査結果

調査箇所図

調査箇所図区割

箇所図区割図

詳細図面

(注意) 詳細図面中の数字はセンサス箇所番号です。交通量ではありません。

結果一覧

ダウンロード

広島市自動車交通量図のデータ(PDF形式)がダウンロードできます。

注意1)本データの縮尺は5万分の1ではありませんので、ご了解の上、ご利用ください。

2)データサイズが大きいため、回線によってはダウンロードに時間がかかる場合があります。

交通量図区割図

交通量図区割図の画像

図面番号

( )はデータサイズ

「この地図は、国土地理院発行の5万分の1地形図を複製し、測量法第29条に基づく複製承認『平17中複第278号』を転載したものである」

詳しい調査結果(方向別〔上り下り別〕交通量、時間帯別〔1時間毎〕交通量など)やこれまでの調査結果は、広島市公文書館にて、閲覧、複写(有料)ができますのでご利用ください。

リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)