ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 指導部 建築指導課 > 広島市空家等対策計画

本文

ページ番号:0000000508更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

広島市空家等対策計画

1 計画の目的

 近年、人口・世帯数の減少や少子高齢化の進行等により、全国的に空き家が増加しています。

 特に適切に管理されていない空き家については、そのままの状態で放置されることにより、保安上、衛生上、景観上等の多岐にわたる問題が生じ、周辺環境へ深刻な影響を及ぼすおそれがあります。

 このため、本市においては、平成27年度に行った空き家の実態調査の結果等を踏まえ、空き家の適切な管理や活用などに関する取組方針や具体的な施策等を示す『広島市空家等対策計画』を策定しました。

 本計画は、行政、法律や不動産などの専門知識を有する専門家団体、地域住民が連携し、市民の生活環境の保全を図り、あわせて空き家の活用を促進するために必要な事項を定めることにより、本市における空き家に関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的としています。

2 計画の概要

 本計画は、計画期間を「平成29(2017)年度~平成33(2021)年度」の5年間とし、次の全7章で構成しています。

  • 第1章 計画策定の目的等
  • 第2章 計画の基本的事項
  • 第3章 広島市の空き家の現状等
  • 第4章 空き家に対する対策の取組方針
  • 第5章 空き家に関する対策
  • 第6章 実施体制・相談体制
  • 第7章 その他空き家に関する対策

※ 本計画は、市民の皆様への意見募集を経て策定しています。

※ お寄せいただいた意見等については、以下の関連情報をご覧ください。

※ 広島市空家等対策計画についての内容は、以下のファイルをダウンロードしてご覧ください。

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)