ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 指導部 建築指導課 > 豪雨・洪水の時には、地下室に注意しましょう!!

本文

ページ番号:0000000427更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

豪雨・洪水の時には、地下室に注意しましょう!!

豪雨・洪水時には地下室からすぐ避難するようにしてください 梅雨に入り、豪雨・洪水の発生しやすい時節となっています。

 豪雨・洪水時には、地下室に建築物の入口などから、急激に水が流入した場合、水圧で扉が開かず、避難できなくなるおそれがあり、最悪の場合には、水死に至るケースも考えられます。

 豪雨・洪水時には、地下室からすぐに避難することが非常に大切です。

 そのためには、地下室における豪雨・洪水時に対する危険性を認識して、豪雨や洪水時には必要な情報をいち早く知り、利用者の避難誘導等について日頃から十分留意しておきましょう。

 

 

◆広島市市域の洪水・浸水情報に関する資料については、広島市防災の洪水ハザードマップや国土交通省太田川河川事務所のホームページに掲載されている太田川水系浸水想定区域図があります。

このページに関するお問い合わせ先

都市整備局 指導部 建築指導課 第二指導係
電話:082-504-2288/Fax:082-504-2529
メールアドレス:kenchiku@city.hiroshima.lg.jp