ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 建築に関するお知らせ > お知らせ > 2021年5月7日  広島県既存建築物防災週間の実施について

本文

ページ番号:0000152144更新日:2021年5月7日更新印刷ページ表示

2021年5月7日  広島県既存建築物防災週間の実施について

広島県既存建築物防災週間の実施について

 

 建築物に関する防災知識の普及や防災対策の推進を図るため、年2回(3月、9月)全国一斉に、建築物防災週間を実施しています。
 この取組に加え、平成24年5月13日に発生した福山市ホテル火災を契機に、平成25年度から広島県建築安全安心マネジメント推進協議会により、広島県独自の防災週間として、年1回県内一斉に「広島県既存建築物防災週間」を実施しています。              
 今年度は、5月13日(木)から5月19日(水)までの間、建築基準法の定期報告対象建築物の所有者(管理者)の方々を対象として、施設・設備の点検の重要性を再認識し、より一層の安全確保に努めていただくため、次の取組を実施します。

  •  広島県建築安全安心マネジメント推進協議会:国からの通知に基づき、建築物の安全安心や質の向上に向けた取組を一層推進することを目的として平成23年度に広島県、広島市などの行政機関や県内の建築関係団体を構成員として設立された組織(事務局は広島県建築課)
  • 定期報告:百貨店、ホテル、病院、事務所など、多くの人々が利用する一定規模以上の建築物の所有者等が、用途に応じて定められた3年毎の報告年度において、定期的に防火区画、避難階段、非常用進入口などについて調査・検査を行い、特定行政庁に報告する制度

 

1 実施期間

  令和3年5月13日(木曜日)から5月19日(水曜日)まで

2 実施内容

(1) 建築物防災相談(土・日は除く。)

 建築指導課、各区役所建築課に窓口(主に電話等による相談窓口)を設け、市民から建築物の防災に関する相談を受け、必要な助言・指導を行います。

(2) 建築物防災に関する講習会(建築物定期報告普及啓発講習会)

 定期報告対象建築物の所有者(管理者)を対象として、定期報告制度を中心に、所有者(管理者)の皆様に知っていただきたい定期的な調査・検査の重要性や防災上の留意事項についての講習会を開催します。(詳しくは、別添参照。)

 ア 日時:令和3年5月18日(火)13:30~16:00
 イ 方法:オンライン開催(LIVE配信)
 ウ 対象:定期報告対象建築物の所有者(管理者)、定期報告業務に携わる方など

3 その他

 新型コロナウイルス感染症による感染拡大防止を図るため、令和元年度まで継続して実施してきた現地での防災普及啓発指導は中止しております。

01 定期報告公表制度チラシ [PDFファイル/727KB]

02 建築物防災に関する講習会チラシ [PDFファイル/1.69MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)