ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 地域活性化調整部 コミュニティ再生課 > 平成30年度まるごと元気"地域コミュニティ活性化補助金【第3次募集】の採択事業が決まりました!"

本文

ページ番号:0000007235更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成30年度まるごと元気"地域コミュニティ活性化補助金【第3次募集】の採択事業が決まりました!"

平成30年9月18日から10月15日までの間、平成30年度”まるごと元気”地域コミュニティ活性化補助金交付事業の第3次募集を行いました。

応募のあった事業について、要件審査を経て、”まるごと元気”地域コミュニティ活性化補助金審査会での審査の結果、次の3事業(全て新規)を採択することを決定しました。

  団体名 事業名 申請区分 事業内容 補助金採択額
1 中区 吉島西一丁目町内会 空き家を活用した地域住民の活動・交流拠点づくり 新規  当地区の公民館や集会所は、立地条件も良く、使い勝手も良い反面、休館日や利用時間の制限もあり、町内会の都合の良いように使用できないことが課題であったことから、空き家を活用し、地域住民の活動や交流の場となるような町内会専用の活動拠点を確保する。
 老人のひとり暮らし世帯を見守るサロンや子どもたちの学習の場など、多世代が利用し、将来的には多世代が交流できる場として活用し、地域コミュニティの活性化を図る。
500,000円
2 西区 己斐上学区社会福祉協議会

西区己斐上学区社会福祉協議会勉強会

新規  己斐上学区では、高齢化が進み、一人暮らしや夫婦二人のみの高齢世帯が増え、高齢者の引きこもりなどによる地域コミュニティの停滞が課題となっている。
 これを解決するために、地域に住む住民が集まって問題を共有し、解決策を考え、行動する。
 そのような集まれる場(サロン)を作るため、先進地を視察し、己斐上学区にあったサロンとなるよう検討を深めるための勉強会を行う。
100,000円
3 佐伯区 緑二丁目町内会 緑街区ネットスーパープロジェクト 新規  年々高齢化して車を手放す人も増える中、バス停まで遠く長い坂道の緑街区は買い物に行き難く、先行きに不安を感じる人が多い。これに対する方策として、緑街区集会所にインターネット環境を整備し、買い物に不自由さを感じている方々がインターネットでも取り寄せできるようにする。また、パソコンの操作を忘れた人や不慣れな人が学習できる環境も順次整えていく。 100,000円