ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 地域活性化調整部 コミュニティ再生課 > 平成29年度まるごと元気"地域コミュニティ活性化補助金【第3次募集】の採択事業が決まりました!"

本文

ページ番号:0000007224更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

平成29年度まるごと元気"地域コミュニティ活性化補助金【第3次募集】の採択事業が決まりました!"

平成29年10月16日から11月15日までの間、平成29年度”まるごと元気”地域コミュニティ活性化補助金交付事業の第3次募集を行いました。

応募のあった事業について、要件審査を経て、”まるごと元気”地域コミュニティ活性化補助金審査会での審査の結果、次の3事業(全て新規)を採択することを決定しました。

  団体名 事業名 申請区分 事業内容 補助金採択額
1 安佐南区 東野三丁目町内会 空き家を活用した地域住民の活動・交流拠点づくり 新規  町内会から公民館、集会所は離れており、道路は狭く街灯も少ないことから、特に高齢者にとっては薄暗くなってからの外出は危険を伴う。また、町内会活動場所を安定して確保できないため、話し合い、行事の準備に支障をきたすことがあり、地域活動で安定的に使用できる場所の確保が課題であったことから、空き家を活用し、地域住民の活動や交流の場となるような地域の拠点を作り空き家を有効活用するとともに、地域コミュニティの活性化を図る。 500,000円
2 安佐北区 町・町内会

空き家を生かした地域住民と外部の人達の交流拠点づくり

新規  地域にある空き家を、使用可能な状態まで修理し、バリアフリー等の改修を行った上で、まちづくり関係の会議や講習会を開催するほか、地域住民の交流サロンとして活用する。
 また、狩留家を訪れた来訪者の休憩スペースとしても活用する。
 この事例を、狩留家における空き家の有効活用例とし、空き家の有効活用機運を高め、狩留家活性化の原動力にする。
350,000円
3 佐伯区 美鈴が丘地区社会福祉協議会 美鈴が丘地域パワーアップ推進事業 新規  美鈴が丘団地では、他地区同様少子高齢化が進んでいる現状において、住民が最後まで美鈴が丘に住み続けられるように地域で居場所づくりを進めている。
 この一環として、広島市が推進している百歳体操を現在実施していない東街区で実施する。また終了後は集いの場として利用することにより地域コミュニティの再生・活性化につながるよう、地域住民が誰でも参加できるサロンの企画・運営を行う。
100,000円