ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 都市機能調整部 都心空間づくり担当 > 八丁堀バス停の切込みスペース等を活用した社会実験の期間延長について

本文

ページ番号:0000146469更新日:2020年3月30日更新印刷ページ表示

八丁堀バス停の切込みスペース等を活用した社会実験の期間延長について

2020 年3 月1 日~29 日の実施を予定しておりました社会実験「#カミハチキテル-URBAN TRANSIT BAY-」については、新型コロナウイルス感染症が拡大している影響から社会実験に係る調査が十分に行えていない状況に鑑み、社会実験を主催する紙屋町八丁堀公共空間活用社会実験実行委員会において、下記のとおり5月10日まで実施期間を延長することが決定しましたのでお知らせします。

実施期間延長についてのお知らせ

・延長するエリアは、Aエリア(パークレット及びコンテナ)とBエリア(スタートラム広島ビル前)となります。(Cエリア(三井のリパーク広島基町駐車場)は予定通り3月29日までです。)
・今後の情勢の変化を鑑みながら、上記の期間等について随時変更する可能性があります。
・新型コロナウイルス感染症への対策については、引き続き以下のとおり対応いたしますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

社会実験「#カミハチキテル」にご来場の方へのお知らせ(新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けたご協力のお願い)

・咳や発熱などの体調不良がある方、過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、過去2週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴がある方、持病のある方や高齢者、妊婦等はご来場をご遠慮いただきますようお願いいたします。そのような方を運営スタッフがお見かけした場合には、ご退場いただく場合もございます。
・できる限りマスクを着用の上でご来場いただきますようお願いいたします。また、咳エチケットを必ずお守りください。ご協力をいただけない方には、ご退場いただく場合もございます。
・運営スタッフは、予防のためマスクを着用している場合があることをご了承ください。
・各エリアに除菌用アルコールを設置しておりますのでご利用ください。
・今後の情勢の変化を鑑みながら、上記の対応内容については随時変更する可能性があります。