ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 都市機能調整部 都市機能調整担当 > 広島大学本部跡地の「知の拠点を支えるゾーン」における事業実施計画の変更の承認(2015年6月30日)

本文

ページ番号:0000005884更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島大学本部跡地の「知の拠点を支えるゾーン」における事業実施計画の変更の承認(2015年6月30日)

1 変更の内容

(1) 事業スケジュール

事業スケジュールの画像

変更理由
 建設費の高騰、労務不足の影響等により、着工・オープンの時期を見直したため。

(2) 施設内容

 ナレッジシェアコミュニティの老人ホームのタイプを「住宅型有料老人ホーム」から「軽費老人ホーム(ケアハウス)」に変更する。

変更理由
 ナレッジシェアコミュニティの事業者である社会福祉法人広島常光福祉会において、自らが実施している社会福祉事業の見直しを行ったため。

2 変更の承認日

 平成27年6月30日

関連情報

ダウンロード

「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」事業実施計画の変更について(2015年6月30日)[PDFファイル/1.8MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)