ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 都市整備局 > 都市整備局 都市整備調整課 > 資料編/2 広島市で発生した主な土砂災害・洪水・内水氾濫(1) 6月29日豪雨災害(平成11年6月23日~7月3日)

本文

ページ番号:0000005552更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

資料編/2 広島市で発生した主な土砂災害・洪水・内水氾濫(1) 6月29日豪雨災害(平成11年6月23日~7月3日)

ア 概要

 梅雨前線が日本の南海上に停滞、北上、南下を繰り返し、梅雨期特有のしとしと雨が続きました。23日には一旦雨は治まりましたが、29日午前0時頃から再び降り始め、午前中は県北部を中心として局所的に強まり、広島市を中心とした県南西部では、午前中は時間雨量10mm以下で推移しました。午後になって前線の活動が活発になり、13時~16時にかけて、広島市佐伯区から広島市安佐北区一帯で強い降雨を観測しました。
 (観測点 広島地方気象台 1時間最大雨量 17.5mm 総雨量 325mm)
 (観測点 安佐北区三入 1時間最大雨量 44mm 総雨量 370mm)
 (観測点 山陽道八幡 1時間雨量 81mm)

イ 被害状況

表資2-1 全国の被害状況
人的被害(人) 住家被害(棟)
死者 行方不明者 負傷者 全壊 半壊 一部損壊 床上浸水 床下浸水
38人 1人 78人 127棟 98棟 518棟 3,701棟 16,368棟
表資2-2 広島県の被害状況
人的被害(人) 住家被害(棟)
死者 行方不明者 負傷者 全壊 半壊 一部損壊 床上浸水 床下浸水
31人 1人 59人 101棟 68棟 300棟 1,284棟 2,763棟
表資2-3 広島市の被害状況
人的被害(人) 住家被害(棟)
死者 行方不明者 負傷者 全壊 半壊 一部損壊 床上浸水 床下浸水
20人 0 45人 74棟 42棟 85棟 183棟 392棟

(山崖崩れは596か所で発生)

資2-1 佐伯区五日市町上河内の画像
写真 資2-1 佐伯区五日市町上河内
堂ヶ原川で発生した土石流により住宅や道路が被害を受けました。

資2-2 安佐北区安佐町飯室の画像
写真 資2-2 安佐北区安佐町飯室
土石流により宅地や農地に水や土砂が溢れました。