ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 経済観光局 > 経済観光局 産業振興部 商業振興課 > 「産業競争力強化法」に基づく創業支援等事業計画について

本文

ページ番号:0000005066更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

「産業競争力強化法」に基づく創業支援等事業計画について

 政府は、アベノミクス第三の矢である日本再興戦略(平成25年6月閣議決定)の中で、今後10年間で開業率10%にすることを目標としており、その実現に向けて、このたび「産業競争力強化法」が制定されました(平成25年12月11日公布、平成26年1月20日施行)。

 この法律では、新たな創業支援スキームとして、市区町村が地域の創業支援事業者(認定経営革新等支援機関、地域の経済団体、金融機関、士業、NPO等)と連携して行う創業支援事業について「創業支援事業計画」を定め、国の認定を受けた場合、国の様々な支援策を活用できるようになることとされています。

 本市においても、創業支援事業者と連携し市内の創業を促進する必要があると考え、市内において創業支援を行っている11事業者と連携した「創業支援事業計画」を策定し、平成26年3月20日に認定されました。

 平成26年4月1日以降、「創業支援事業計画」の中に定められた特定創業支援事業を受けられた方で、本市が証明書を発行した場合は、下記の支援を受けることができますので、積極的にご活用ください。

1 会社設立時の登録免許税の軽減

  1. 株式会社の場合:資本金の0.7%→0.35%、最低税額15万円→7.5万円
  2. 合同会社の場合:資本金の0.7%→0.35%、最低税額6万円→3万円
  3. 合名会社又は合資会社の場合:1件につき6万円→3万円

2 創業関連保証(※)の特例

(創業2か月前から対象→事業開始6か月前から対象)
※創業関連保証(広島県信用保証協会ホームページ)<外部リンク>

3 日本政策金融公庫新創業融資制度の自己資金要件充足

 新創業融資制度の自己資金要件を充足したものとして、同制度を利用することが可能

4 日本政策金融公庫新規開業支援資金の貸付利率の引き下げ

 新規開業支援資金の貸付利率の引き下げの対象として、同資金を利用することが可能

なお、本市の創業支援等事業計画については、適宜変更を行っています。

計画変更の概要

  • 平成26年9月~(平成26年10月31日認定)
    新たに1事業者追加
  • 平成27年4月~(平成27年2月27日認定)
    計画期間を更新(平成26年4月1日~平成28年3月31日)
    新たに2事業者追加
  • 平成27年4月~(平成27年5月20日認定)
    新たに海田町及び1事業者追加
  • 平成27年7月~(平成27年10月2日認定)
    新たに8事業者追加
  • 平成28年5月~(平成28年5月20日認定)
    新たに2事業者追加
  • 平成30年7月~(平成30年8月31日認定)
    新たに創業機運醸成事業を追加

詳しくはこちらをご覧ください。↓

特定創業支援等事業についてはこちらをご覧下さい↓

創業支援事業計画に定める創業セミナーについてはこちらを↓

創業支援等事業計画に係る創業セミナーについて

このページに関するお問い合わせ先

経済観光局 産業振興部 商業振興課
電話:082-504-2236/Fax:082-504-2259
メールアドレス:syogyo@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)