ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 組織でさがす > 企画総務局 > 企画総務局 企画調整部 政策企画課 > 令和元年工業統計調査結果報告(速報)

本文

ページ番号:0000012720更新日:2020年3月6日更新印刷ページ表示

令和元年工業統計調査結果報告(速報)

広島市の製造業(2019年工業統計調査結果速報)

 令和元年(2019年)6月1日現在で実施した工業統計調査の結果(従業者4人以上の事業所)について、広島市における調査結果の概要をまとめました。

1 概況

事業所数は、1,126事業所で、前年と比べ3.0%(35事業所)減少しました。

従業者数は、5万6,341人で、前年と比べ1.1%(607人)増加しました。

製造品出荷額等は、3兆1,667億円で、前年と比べ1.3%(408億円)減少しました。

付加価値額(従業者29人以下は粗付加価値額。以下同じ。)は、9,237億円で、前年と比べ18.5%(2,098億円)減少しました。

事業所数及び従業者数の推移製造品出荷額等及び付加価値額の推移

注:*印の年次は経済センサス-活動調査、その他の年次は工業統計調査の数値である。

2 行政区別の状況

 事業所数では、安佐北区が264事業所で最も多く、全体の23.4%を占め、次いで西区が206事業所で同18.3%、南区が168事業所で同14.9%となっています。

 従業者数では、南区が1万7,420人で最も多く、全体の30.9%を占め、次いで安佐北区が10,824人で同19.2%、西区が7,991人で同14.2%となっています。

 製造品出荷額等では、南区が1兆9,952億円で最も多く、全体の63.0%を占め、次いで安芸区が3,051億円で同9.6%、安佐北区が2,594億円で同8.2%となっています。

 付加価値額では、南区が5,711億円で最も多く、全体の61.8%を占め、次いで安佐北区が1,071億円で同11.6%、安芸区が870億円で同9.4%となっています。

行政区別統計表(従業者4人以上)
行政区 事業所数 従業者数 製造品出荷額等 付加価値額
実数 構成比(%) 実数(人) 構成比(%) 実数(百万円) 構成比(%) 実数(百万円) 構成比(%)
総数 1,126 100.0 56,341 100.0 3,166,741 100.0 923,738 100.0
中区 113 10.0 3,319 5.9 94,956 3.0 50,144 5.4
東区 35 3.1 1,502 2.7 16,964 0.5 7,597 0.8
南区 168 14.9 17,420 30.9 1,995,186 63.0 571,090 61.8
西区 206 18.3 7,991 14.2 193,832 .6.1 57,739 6.3
安佐南区 133 11.8 3,713 6.6 95,742 3.0 30,555 3.3
安佐北区 264 23.4 10,824 19.2 259,402 8.2 107,067 11.6
安芸区 108 9.6 7,304 13.0 305,102 9.6 87,049 9.4
佐伯区 99 8.8 4,268 7.6 205,558 6.5 12,498 1.4

3 産業中分類別の状況

 事業所数では、食料品が177事業所で最も多く、全体の15.7%を占め、次いで、金属製品が155事業所で同13.8%、生産用機械器具が131事業所で同11.6%となっています。

 従業者数では、輸送用機械器具が1万6,247人で最も多く、全体の28.8%を占め、次いで、食料品が1万408人で同18.5%、生産用機械器具が7,328人で同13.0%となっています。

 製造品出荷額等では、輸送用機械器具が2兆12億円で最も多く、全体の63.2%を占め、次いで、生産用機械器具が3,702億円で同11.7%、食料品が2,164億円で同6.8%となっています。

 付加価値額では、輸送用機械器具が5,488億円で最も多く、全体の59.4%を占め、次いで、食料品が807億円で同8.7%、はん用機械器具が373億円で同4.0%となっています。

産業中分類別統計表(従業者4人以上)
産業中分類 事業所数 従業者数 製造品出荷額等 付加価値額
実数 構成比(%) 実数(人) 構成比(%) 実数(百万円) 構成比(%) 実数(百万円) 構成比(%)
総数 1,126 100.0 56,341 100.0 3,166,741 100.0 923,738 100.0
食料品 177 15.7 10,408 18.5 216,379 6.8 80,732 8.7
飲料・たばこ・飼料 10 0.9 130 0.2 2,891 0.1 959 0.1
繊維工業 45 4.0 932 1.7 17,307 0.5 6,309 0.7
木材・木製品(家具を除く) 14 1.2 164 0.3 6,360 0.2 1,491 0.2
家具・装備品 36 3.2 508 0.9 5,415 0.2 2,188 0.2
パルプ・紙・紙加工品 27 2.4 629 1.1 13,383 0.4 4,812 0.5
印刷・同関連業 106 9.4 2,299 4.1 38,661 1.2 17,251 1.9
化学工業 20 1.8 681 1.2 45,347 1.4 28,857 3.1
石油製品・石炭製品 5 0.4 85 0.2 X X X X
プラスチック製品 65 5.8 2,322 4.1 58,449 1.8 26,670 2.9
ゴム製品 25 2.2 1,838 3.3 40,108 1.3 14,393 1.6
なめし革・同製品・毛皮 - - - - - - - -
窯業・土石製品 34 3.0 832 1.5 20,874 0.7 5,862 0.6
鉄鋼業 16 1.4 543 1.0 15,591 0.5 5,357 0.6
非鉄金属 7 0.6 877 1.6 40,138 1.3 19,289 2.1
金属製品 155 13.8 3,853 6.8 80,818 2.6 35,959 3.9
はん用機械器具 40 3.6 2,485 4.4 97,431 3.1 37,342 4.0
生産用機械器具 131 11.6 7,328 13.0 370,209 11.7 36,141 3.9
業務用機械器具 11 1.0 178 0.3 4,141 0.1 1,458 0.2
電子部品・デバイス・電子回路 7 0.6 226 0.4 7,265 0.2 1,688 0.2
電気機械器具 55 4.9 2,383 4.2 53,672 1.7 33,319 3.6
情報通信機械器具 2 0.2 108 0.2 X X X X
輸送用機械器具 66 5.9 16,247 28.8 2,001,222 63.2 548,763 59.4
その他の製造業 72 6.4 1,285 2.3 24,885 0.8 12,187 1.3

4 その他

この資料の数値は、広島県総務局統計課「工業統計調査(令和元年(2019年)【速報】)」<外部リンク>によっています。

推移グラフに用いた「工業統計調査」と「経済センサス-活動調査」は、母集団となる名簿情報がそれぞれ異なることなどから、比較に際してはご留意ください。

市域は、令和元年(2019年)6月1日現在のものです。

単位未満は四捨五入したため、総数とその内訳の合計は必ずしも一致しません。

5 PDF版ダウンロード

広島市の製造業(2019年工業統計調査結果速報) [PDFファイル/452KB]

6 リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)