ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > がいこくじんのみなさんへ > やさしいにほんご > やさしい日本語(にほんご) > 救急(きゅうきゅう)・防災情報(ぼうさいじょうほう) > 新型(しんがた)コロナウイルスに関(かん)するお知(し)らせ > 広島市長(ひろしましちょう)のメッセージ〔新型(しんがた)コロナウイルスの病気(びょうき)が広(ひろ)がらないようにするために〕 〔(やさしい日本語(にほんご)〕2020.12.14

本文

ページ番号:0000198139更新日:2020年12月14日更新印刷ページ表示

広島市長(ひろしましちょう)のメッセージ〔新型(しんがた)コロナウイルスの病気(びょうき)が広(ひろ)がらないようにするために〕 〔(やさしい日本語(にほんご)〕2020.12.14

ひらがな付(つ)きで 読(よ)みたい人(ひと)は こちら [PDFファイル/68KB]

11月下旬から、広島市では新型コロナウイルス感染症の病気が広がっています。
食事の時、仕事の時、家の中など、いろいろな時に病気が広がっています。
このまま病気の人が増え続けると、病院で病気を治すことができなくなるかもしれません。

広島市は特に病気の人が増えているため、人が集まらないようにします。
2020年12月12日から2021年1月3日までの間は、広島市が開くイベントはやめるか、延期します。広島市の施設を閉めます。例えば、図書館、スポーツセンター、広島城などです。

皆さんも、新型コロナウイルス感染症の病気が広がるのを防ぐよう次のことに気を付けてください。
○ マスクをします。
○ 手をよく洗います。
○ 人が多く集まるところに行かないようにします。
○ できるだけ、外出しないようにします。
特に、まわりにほかの人がいる時に気を付けてください。マスクをして、離れて、話は短くします。

広島市役所の職員も、職場で病気が広がらないよう、時間をずらして出勤したり、テレワークをしています。
広島市で働く皆さんも、病気が広がらないよう、働き方を工夫してください。

今、大事なことは、市民一人一人が、新型コロナウイルス感染症の病気が広がらないように対策をすることです。
皆さんの協力をお願いします。

2020年12月11日
広島市長 松井 一實

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


災害に関するお知らせ(やさしい日本語

新型コロナウイルスに関するお知らせ(やさしい日本語)

外国人市民のための生活ガイドブック

救急(きゅうきゅう)・防災情報(ぼうさいじょうほう)
生活関連情報(せいかつかんれんじょうほう)
観光情報(かんこうじょうほう)
市長室(しちょうしつ)
その他(た)