ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000122146更新日:2021年1月5日更新印刷ページ表示

「風邪(かぜ)かな?」と感(かん)じたら まず電話(でんわ)をしてください 〔やさしい日本語(にほんご)〕

ひらがな付(つ)きで 読(よ)みたい人(ひと)は こちら [PDFファイル/918KB]

次の(1)~(3)の症状がある人は、すぐに いつも行く病院(かかりつけ医)に 電話してください。

(1) 息を する(空気を 吸ったり 出したりする)のが とても苦しい。体が とてもだるい。高い熱が ある。

(2) 次の人は、病気が ひどくなることがあります。風邪のような症状(熱,せき,くしゃみ,たん,胸が痛い,息をするのが 苦しいなど)がある時は、すぐに いつも行く病院(かかりつけ医)に 電話してください。
 ・高齢者(年をとっている人)
 ・妊娠している人(おなかに 赤ちゃんがいる人)
 ・糖尿病・心臓の病気・呼吸器の病気(肺や喉などの病気)が ある人。透析を 受けている人
 ・免疫を 抑える薬や 抗がん剤を 使っている人

(3)(1)(2)以外の人で、風邪のような症状(熱,せき,くしゃみ,たん,胸が痛い,息をするのが 苦しいなど)が 続くとき。(4日以上続くときは、必ず いつも行く病院(かかりつけ医)に 電話してください。熱を下げる薬を 飲み続けている人もです。)

気になったら 必ず 電話で 相談をしてください。

※ 相談する 病院が 分からないときは、コールセンター(積極ガードダイヤル)082-241-4566 (24時間対応します)に 電話してください。コールセンターが、診察をしてくれる 病院を 教えてくれます。

新型コロナウイルスではなく 普通の病気で 体調が 悪いときは 病院に 行ってください。我慢を しないでください。 病院に 行かないことは 健康上のリスクを 高めます。


日本語の話す・聞くができる人は,次の相談窓口へ直接問い合わせてください。

「コールセンター(積極ガードダイヤル)」
電話 082-241-4566 (24時間対応します)

厚生労働省の電話相談窓口
電話 0120-565653(フリーダイヤル〔電話代は無料〕)
受付時間 毎日(ことばによって、時間がちがいます)
 日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:午前9時~午後9時
 タイ語:午前9時~午後6時
 ベトナム語:午前10時~午後7時

日本語の話す・聞くができなくて通訳が必要な人は,下の相談窓口へ問い合わせてください。

 

広島市外国人市民の生活相談コーナー<外部リンク>
電話 082-241-5010
Fax  082-242-7452
Email:soudan@pcf.city.hiroshima.jp
相談時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後4時
    (12月29日~1月3日・祝日・8月6日は休みです)
対応言語 中国語,スペイン語,ポルトガル語,ベトナム語,英語

ひろしま外国人多言語総合相談窓口<外部リンク>(公益財団法人)ひろしま国際センター
電話 0120-783-806(フリーダイヤル〔電話代は無料〕)
相談時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後7時
     土曜日 午前9時30分~午後6時
    ※ 午後0時~午後1時は,休みです。
    (12月28日~1月4日・祝日は休みです)
対応言語 英語,中国語,ベトナム語,韓国語,タガログ語,ポルトガル語,インドネシア語,タイ語,スペイン語,ネパール語

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


災害に関するお知らせ(やさしい日本語

新型コロナウイルスに関するお知らせ(やさしい日本語)

外国人市民のための生活ガイドブック

観光情報(かんこうじょうほう)
市長室(しちょうしつ)
その他(た)