ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 薬事に関する申請・届出 > 26 向精神薬営業者 向精神薬事故届

本文

ページ番号:0000014811更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

26 向精神薬営業者 向精神薬事故届

向精神薬営業者が所有する向精神薬について、一定数量以上の滅失、盗取、所在不明その他の事故が生じた場合は、事故の状況を明らかにするために必要な事項をすみやかに届け出なければなりません。

特に、盗難、強奪、脅取、詐欺が明らかな場合は、数量に関係なくすみやかに届出を行ってください。

なお、破損・汚染についての届出は不要です。

届出に必要な書類

 向精神薬事故届

届出が必要な数量について

 下記の数量以上の事故が生じた場合は、届出を行ってください。

剤型

数量

末、散剤、顆粒剤 100グラム 又は 100包
錠剤、カプセル剤、坐剤 120個
注射剤 10アンプル 又は 10バイアル
内用液剤 10容器
経皮吸収型製剤 10枚

受付窓口及び受付時間

受付窓口 広島市保健所及び各区保健所分室
開庁時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
 ただし、8月6日(平和記念日)及び 12月29日から翌年の1月3日までの日は、受付業務を行いません。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)