ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 薬事に関する申請・届出 > 21 麻薬小売業者 麻薬の廃棄

本文

ページ番号:0000014807更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

21 麻薬小売業者 麻薬の廃棄

陳旧化して使用する見込みがない、使用期限切れ、調剤中の汚染、誤調剤、業務の廃止で所有できなくなった等、調剤済麻薬以外の麻薬を廃棄しようとする場合に必要な届出です。

届出に必要な書類

 麻薬廃棄届

廃棄の立会いについて

 届出後、日程調整のうえ、市職員立会いの下で麻薬を廃棄します。
 また、市職員が麻薬を廃棄した旨を帳簿に記載します。

届出に関する注意事項

 麻薬廃棄届出後は、原則として当該麻薬の使用は認められません。

受付窓口及び受付時間

受付窓口 広島市保健所及び各区保健所分室
開庁時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
 ただし、8月6日(平和記念日)及び 12月29日から翌年の1月3日までの日は、受付業務を行いません。

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)