ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 薬事に関する申請・届出 > 11 毒物劇物販売業 取扱責任者の変更

本文

ページ番号:0000014702更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

11 毒物劇物販売業 取扱責任者の変更

 毒物劇物取扱責任者を変更した場合は、30日以内に届出をしなければなりません。
 資格・欠格要件や添付書類は毒物劇物取扱責任者設置届と同様です。

毒物劇物取扱責任者の資格について

(1) 毒物劇物取扱責任者の資格要件

  1. 薬剤師
  2. 厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者
  3. 都道府県知事が行う毒物劇物取扱責任者試験に合格した者 (毒物劇物取扱責任者試験については、広島県薬務課(082-513-3222)へお問い合わせください)

(2) 毒物劇物取扱責任者の欠格要件

  • 18歳未満の者
  • 精神機能の障害により毒物劇物取扱責任者の業務を適正に行うにあたって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者
  • 麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
  • 毒物もしくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過していない者(毒物及び劇物取締法第8条第2項第4号)

毒物劇物取扱責任者の資格と販売業の区分との関係

 薬剤師、応用化学系の学校卒業者又は「一般」の責任者試験合格者はすべての区分の取扱責任者になることができます。
 「農業用品目」及び「特定品目」の責任者試験合格者は、他の区分の販売業の取扱責任者になることはできません。

届出に必要な書類

  1. 毒物劇物取扱責任者変更届
  2. 資格要件を証明する書面(以下のうちいずれか1つ)及びその写し ※原本照合を行います
    1. 薬剤師免許証
    2. 卒業証明書等(高校卒業者など、修得単位数に規定がある場合は単位修得証明書) 厚生労働省令で定める学校、学課
    3. 毒物劇物取扱責任者試験合格証書
  3. 毒物劇物取扱責任者の医師の診断書
  4. 勤務証明書

 視覚、聴覚又は音声機能若しくは言語機能に障害がある方が毒物劇物取扱責任者になる場合は、あらかじめご相談ください。

受付窓口及び受付時間

受付窓口 広島市保健所及び各区保健所分室
開庁時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
 ただし、8月6日(平和記念日)及び12月29日から翌年の1月3日までの日は、受付業務を行いません。

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)