ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000018486更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

計画誘導地区(平地部)のまちづくり事業

 広島市では、市街化調整区域になっている大塚地区(大塚上地区、大塚下地区)、伴中央地区及び石内地区について、幹線道路等の都市の基盤を生かした土地の利用を行うため、地域住民が主体となったまちづくりを支援しています。
 これまでに、大塚上町内会、大塚下町内会、伴中央町内会及び石内まちづくり協議会において、地区計画制度を活用するに必要となる土地利用計画、道路の配置等が記載されたまちづくり計画が策定されています。
(以下に掲載するまちづくり計画のうち、◎が、地区計画制度の活用に対応したまちづくり計画です。)
 今後も、他地区においても地域住民の機運の醸成が図られれば、その活動に対し支援していきます。

1 大塚上地区

 大塚上町内会において、大塚上地区のまちづくりの指針となる「大塚上まちづくり計画」(平成23年3月策定)を踏まえ、平成30年4月に、地区計画制度の活用に対応した「大塚上まちづくり計画(土地利用の将来像)」が策定されています。

大塚上まちづくり計画(平成23年3月策定)

◎大塚上まちづくり計画(土地利用の将来像)(平成30年4月策定)

2 大塚下地区

 大塚下町内会において、大塚下地区のまちづくりの指針となる「大塚下まちづくり計画」」(平成23年3月策定)を踏まえ、平成28年4月に、観音山地区を対象区域として、地区計画制度の活用に対応した「大塚下まちづくり計画(土地利用の将来像 観音山地区編)」が策定されています。

大塚下まちづくり計画(平成23年3月策定)

◎大塚下まちづくり計画(土地利用の将来像、観音山地区編)(平成28年4月策定)

3 伴中央地区

 伴中央町内会において、平成28年4月に、地区計画制度の活用に対応した「伴中央まちづくり計画(第1編 土地利用の将来像)」が策定されています。また、平成29年4月に、ソフト面からもまちづくりを進めるため「伴中央まちづくり計画(第2編 まちづくり活動)」が策定されています。

◎伴中央まちづくり計画(第1編 土地利用の将来像)(平成28年4月策定)

伴中央まちづくり計画(第2編 まちづくり活動)(平成29年4月策定)

4 石内地区

 石内地区の町内会等が加入する石内まちづくり協議会において、「石内まちづくり構想」(平成18年12月策定)に基づき、平成25年1月に石内バイパス沿道、平成27年2月に石内地区平地部(石内バイパス沿道地区を除く)において地区計画制度の活用に対応した「石内まちづくり計画」が策定されています。
 これらのまちづくり計画に沿って、現在、石内バイパス沿道の2地区(石内上中地区、石内下沖地区)で地区計画決定されています。

石内まちづくり構想(平成18年12月策定)

◎石内まちづくり計画~土地利用計画~(石内バイパス沿道地区編)(平成25年1月策定)

◎石内まちづくり計画~土地利用計画~(石内地区平地部編(石内バイパス沿道地区を除く))(平成27年2月当初決定、平成28年6月一部修正)

外部リンク

関連情報

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)