ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000017806更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

第11章 赤十字標章等及び特殊標章等の交付及び管理

ジュネーヴ条約に規定する赤十字標章等及び特殊標章等の適切な交付及び管理に関し必要な事項を、以下のとおり定めます。

(1)赤十字標章等及び特殊標章等の意義

ジュネーヴ条約に規定される赤十字標章等は、国民の保護のための医療行為の実施に当たり、同じく特殊標章等は、国民保護措置(医療行為を除く。)の実施に当たり、それぞれそれらの活動を識別するために使用するものであり、これらの標章等を標示したものは、ジュネーヴ条約の規定に基づき保護されます。

(2)赤十字標章等(国民保護法第157条)

赤十字標章等は、医療機関、医療関係者、医療のために使用される場所及び医療用輸送手段等に標示されるものであり、その種類は次のとおりです。

ア 標章

第一追加議定書第8条(l)に規定する特殊標章(白地に赤十字、赤新月又は赤のライオン及び太陽からなる標章。ただし、赤のライオン及び太陽の標章は、いずれの国も1980年以降使用していない。また、赤新月の標章は、イスラム教国において使用される。)

赤十字の標章赤新月の標章赤のライオン及び太陽の標章

イ 信号

第一追加議定書第8条(m)に規定する信号

ウ 身分証明書

第一追加議定書第18条3に規定する身分証明書

(3)特殊標章等(国民保護法第158条)

特殊標章等は、国民保護措置に係る職務を行う者、国民保護措置の実施のために使用される場所等に標示されるものであり、その種類は次のとおりです。

ア 特殊標章

第一追加議定書第66条3に規定する特殊標章(オレンジ色地に青色の正三角形)
オレンジ色地に青色の正三角形の特殊標章

イ 身分証明書

第一追加議定書第66条3に規定する身分証明書

(4)赤十字標章等の交付及び管理

市長は、あらかじめ作成した交付等に関する要綱の規定に基づき、次の医療機関等に対し、赤十字標章等を交付し、使用させます。

  • ア 避難住民等の救援を行う医療機関及び医療関係者
  • イ 避難住民等の救援に協力する医療機関及び医療関係者
    (上記の医療機関及び医療関係者の委託により医療に係る業務を行う者を含む。)

(5)特殊標章等の交付及び管理

市長及び消防局長は、あらかじめ作成した交付等に関する要綱の規定に基づき、それぞれ次のとおり、特殊標章等を交付し、使用させます。この場合において、市長及び消防局長は、ジュネーヴ条約における軍民分離の規定の遵守について、職員その他の関係者に十分理解させます。

ア 市長

  • (ア) 国民保護措置に係る職務を行う職員(消防職員を除く。)
  • (イ) 消防団員
  • (ウ) 市長の委託により国民保護措置に係る業務を行う者
  • (エ) 国民保護措置の実施に協力する者

イ 消防局長

  • (ア) 国民保護措置に係る職務を行う消防職員
  • (イ) 消防局長の委託により国民保護措置に係る業務を行う者
  • (ウ) 国民保護措置の実施に協力する者

このページに関するお問い合わせ先

危機管理室 危機管理課
電話:082-504-2653/メールアドレス:kikikanri@city.hiroshima.lg.jp