ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・防犯・安全 > 防災情報サイト > 防災情報サイト > 危機管理・防災に関する計画・会議 > 国民保護 > 第7章 武力攻撃災害への対処               第1 武力攻撃災害への対処

本文

ページ番号:0000017799更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

第7章 武力攻撃災害への対処               第1 武力攻撃災害への対処

武力攻撃災害への対処に関する基本的事項を、以下のとおり定めます。

1 武力攻撃災害への対処の基本的考え方

(1)武力攻撃災害への対処に関する措置の実施

本市は、国及び県その他関係機関と連携して、市域における武力攻撃災害への対処に関し必要な措置を実施します。

(2)知事への国による措置の実施の求め

市長は、市域における武力攻撃災害が発生し、又はまさに発生しようとしている場合において、緊急の必要があると認めるときは、当該武力攻撃災害を防除し、及び軽減するため、知事に対し、国において必要な措置を実施するよう要請することを求めます。

(3)職員の安全の確保

本市は、武力攻撃災害への対処に関する措置に従事する職員の安全の確保のため、情報の提供や防護服の貸与等必要な措置を実施します。

2 武力攻撃災害の兆候の通報

(1)消防吏員等への通報

不発弾の存在や動物の大量死など武力攻撃災害の兆候を発見した者は、遅滞なく、市長又は消防吏員、警察官若しくは海上保安官(以下「消防吏員等」という。)に通報するものとします。

(2)市長への通報

消防吏員等は、上記(1)の通報を受けたときは、速やかにその旨を市長に通報します。なお、市長に通報することができないときは、速やかに知事に通報します。

(3)知事への通知

市長は、上記(1)又は(2)の通報を受けた場合において、武力攻撃災害が発生するおそれがあり、これに対処する必要があると認めるときは、速やかにその旨を知事に通知します。

このページに関するお問い合わせ先

危機管理室 危機管理課
電話:082-504-2653/メールアドレス:kikikanri@city.hiroshima.lg.jp