ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000017782更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

第5章 広島市の地理的、社会的特徴等

国民保護措置の実施に当たり、あらかじめ考慮しておくべき広島市の地理的、社会的特徴等は、以下のとおりです。

(1)地形

広島市は県域の西部に位置し、広島湾に面する都市であり、市域面積は906.68k平方メートルです。

市域内の平地の大部分は、太田川流域に形成された沖積平野であり、可部から祇園付近までの平地は、主に太田川氾濫原により形成されています。三篠付近から太田川三角州が開け、平和大通り付近から広島湾に至る範囲は、干拓や埋立てによって人工的に陸化された土地であり、地盤が海水面より低い「ゼロメートル地帯」が存在しています。また、かつてはこれと独立して、市東部の府中大川流域や瀬野川河口付近、西部の八幡川河口付近に平地が開けていましたが、現在では、埋立て等に伴い、太田川流域の平地と連続した平地となっています。これらの平地を取り囲む形で、広範囲に山地及び丘陵地が広がっており、北部、東部、西部には、山岳も多く点在しています。

市域内を流れる河川には、太田川水系、瀬野川水系及び八幡川水系があり、太田川は、下流では、太田川放水路、天満川、旧太田川(本川)、元安川、京橋川、猿猴川の6つの河川に分かれています。

広島湾には、似島、金輪島のほか、無人島の峠島、大カクマ島、小カクマ島、津久根島が点在しています。

(2)気候

広島市の気候は、温暖で降水量の少ないいわゆる「瀬戸内気候区」に属しています。これは、冬の季節風は中国山地に、夏の季節風は四国山地にさえぎられるという地理的条件によるものです。月平均気温は1月5.2度、8月28.2度、年平均気温は16.3度と比較的温暖です。

南に豊後水道が開けている影響で夏に南寄りの風が多雨をもたらすことがあり、降水量は、年平均1,537.6mmと瀬戸内気候区としてはやや多くなっています。

風は、年間を通じて太田川に沿って吹く北又は北北東の風が圧倒的に多く、夏に吹く南西からの海風がこれに次いでいます。強く吹く風は、冬の北西季節風、春先の低気圧に伴う突風及び夏の終わりから秋にかけて来襲する台風に伴う暴風です。

1年のうち雨の多い時期は、6月から7月にかけての「梅雨」であり、この期間に年間雨量のほぼ30%の雨が降ります。次に雨が多い時期は、5月となっています。水害の原因となる大雨は、梅雨末期の集中豪雨と台風に伴うものが多く、本市における大雨の記録は1日最大雨量339.6mm、1時間最大雨量101.0mmです。10月中旬から3月までのほぼ6か月間は、雨は少なく晴天の日が多くなります。

(3)人口分布

平成27年(2015年)国勢調査による広島市の人口は、119万4,034人です。

このうち、主としてデルタ市街地に位置する中区、東区、南区及び西区(以下「旧市域」という。)の人口は590,452人、その周辺部に位置する安佐南区、安佐北区、安芸区及び佐伯区(以下「新市域」という。)の人口は603,582人であり、人口密度は1平方キロメートル当たり、旧市域で5,062人、新市域では764人です。

(4)道路等

平成30年(2018年)4月1日現在の市域内の道路は、1万5,568路線、実延長は4,410kmです。高規格幹線道路として、山陽自動車道、中国横断自動車道(広島浜田線)、中国縦貫自動車道があり、主要幹線道路として、一般国道2号、一般国道54号などがあります。また、橋りょうは、永久橋が2,934橋、木橋が44橋、合計で2,978橋あります。

(5)鉄道、港湾等

ア 市域内の鉄軌道には、JR線、広島電鉄の市内線・宮島線及びアストラムラインがあります。
 JR線は、東西方向に走る山陽本線及び山陽新幹線のほか、広島駅から南東方向に呉線、
 北東方向に芸備線及び北方向に可部があります。
 広島電鉄の宮島線は、広電西広島駅(西区)と広電宮島口駅(廿日市市)の間を結んでいます。
 アストラムラインは、本通駅(中区)と広域公園前駅(安佐南区)を結んでいます。

各鉄軌道の1日平均の乗車人員(平成29年度(2017年度))
区分 1日平均の乗車人員
JR線 約22万1,000人(市内駅区間)
広島電鉄 市内線 約10万7,000人
宮島線 約3万6,000人(市内駅区間)
アストラムライン 約6万5,000人

イ 港湾は、国際拠点港湾である広島港があり、その概要は次のとおりです。

広島港の概要(平成30年(2018年)4月1日現在)
所在地 管理者 岸壁
広島市、廿日市市、海田町、坂町 -14.0m 1バース
-12.0m 1バース
-11.0m 1バース
-10.0m 7バース
-7.5m 12バース
-7.5m未満 2,725m

ウ その他市域内には、西区に広島ヘリポート(滑走路35m)があります。

(6)自衛隊施設等

市域内に米軍施設はありませんが、自衛隊施設は、隣接する海田町に陸上自衛隊中部方面隊第13旅団があり、その駐屯地の敷地は海田町と広島市安芸区にまたがっています。また近隣には、呉市に海上自衛隊呉地方総監部等及び米軍施設の広弾薬庫等が、江田島市に海上自衛隊幹部候補生学校等及び米軍施設の秋月弾薬庫が、東広島市に米軍施設の川上弾薬庫があります。

(7)その他

ア 石油コンビナート等特別防災区域の状況

市域内に石油コンビナート等特別防災区域の指定区域はありませんが、近隣には、江田島市、大竹市、和木町及び岩国市に指定区域があります。

イ 原子力発電所の状況

市域内に原子力発電所はありませんが、島根県松江市鹿島町に中国電力株式会社島根原子力発電所(本市から約140km)、愛媛県西宇和郡伊方町に四国電力株式会社伊方発電所(本市から約100km)があります。

このページに関するお問い合わせ先

危機管理室 危機管理課
電話:082-504-2653/メールアドレス:kikikanri@city.hiroshima.lg.jp