ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > プロポーザル・コンペの案件情報 > 令和5年度 > 令和5年度 方式・案件名 > 【公募型プロポーザル】有給長期インターンシップ事業運営業務

本文

ページ番号:0000313680更新日:2022年12月28日更新印刷ページ表示

【公募型プロポーザル】有給長期インターンシップ事業運営業務

◆◆有給長期インターンシップ事業運営業務の企画提案及び受託事業者を募集します◆◆

1 事業目的

 大学生及び大学院生が広島広域都市圏(※)内企業をより深く知る機会を確保し、圏域内企業への就職、定着につながるよう、大学や企業との連携による有給で長期のインターンシップ(以下「当インターンシップ」という。)に取り組むものです。
 本業務は、当インターンシップの円滑な実施に向けて、大学、学生、企業等に対する連絡調整を始めとした事業全体のコーディネートを行うとともに、当インターンシップの理解を深めるための研修や実習中に生じる学生の不安・疑問等に対応するための相談、参加学生の成果発表等の支援を行うものです。
 ※「連携中枢都市圏制度」に基づき、本市が近隣市町と連携協約を締結し、構成する都市圏

2 実施方法

  公募型プロポーザルにより選定した民間企業等に委託して実施します。

3 事業概要

⑴ 委託期間    
  令和5年4月1日(土曜日)から令和6年3月31日(日曜日)

⑵ 業務内容(詳細は下部の基本仕様書を参照)
 ア コーディネート業務
 イ 参加学生支援業務

4 委託料上限額 

 5,649,000(消費税及び地方消費税を含む。受入奨励金の支払い額が1,225,000円であった場合)
     (内訳)
 ・受入奨励金の支払額を除く経費の額:4,424,000円(消費税及び地方消費税を含む。)
 ・受入奨励金の支払額:1,225,000円(受入学生1人当たり定額35,000円(課税対象外)
  ※受入奨励金の支払額は、受入企業1社当たり2名分まで70,000円を上限とします。
     このため、参加学生の人数により受入奨励金の支払額は変更となります。

5 応募資格

 応募資格を有する者は、次に掲げるすべての要件を満たすものとします。

⑴ 地方自治法施行令第167条の4及び広島市契約規則第2条の規定に該当していない者であること。
⑵ 広島市税並びに消費税及び地方消費税を滞納していない者であること。
⑶ 公募の日から受託候補者の特定までの間のいずれの日においても、営業停止処分または広島市の指名停止措置若しくは競争入札参加資格の取消しを受けていないこと。
⑷ 広島市内に本店または支店若しくは営業所を有する者であること。
⑸ 宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体でないこと。
⑹ 暴力団、暴力団員若しくは広島県暴力団排除条例第19条第3項の規定による公表が現に行われている者または暴力団、暴力団員と密接な関係を有する者が経営、運営に関係している団体でないこと。

6 審査方法

 提出された企画提案書について、提案の無効となる事項がないか確認の上、応募者によるプレゼンテーションを実施し、選定します。

7 スケジュール

⑴ 募集期間
  令和4年12月28日(水曜日)~令和5年1月18日(水曜日)
⑵ プレゼンテーション
  令和5年1月30日(月曜日)(予定)
⑶ 委託契約締結
  令和5年4月1日(土曜日)   

 ※実施条件及び応募方法等について、詳細は公募型プロポーザル説明書をご覧ください。

 

【ダウンロード】

01:公募型プロポーザル手続開始の公示 [PDFファイル/299KB]

02:公募型プロポーザル説明書 [PDFファイル/371KB]

02-2:(応募説明書 別紙)受託候補者特定基準 [PDFファイル/140KB]

03:(様式第1号)質問書 [Wordファイル/43KB]

04:(様式第2号)応募資格確認申請書 [Wordファイル/43KB]

05:(様式第3号)応募申込書 [Wordファイル/43KB]

06:(様式第4号)企画提案書 [Wordファイル/27KB]

07:(様式第5号)取下願 [Wordファイル/38KB]

08:基本仕様書 [PDFファイル/280KB]

08-2:基本仕様書(別紙 ) [PDFファイル/283KB]

09:委託契約書(案)、広島市委託契約約款、個人情報取扱特記事項 [PDFファイル/311KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)