ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > プロポーザル・コンペの案件情報 > 令和4年度 > 令和4年度 方式・案件名 > 【公募型プロポーザル】地域共生社会の実現に向けた相談支援包括化推進モデル事業業務

本文

ページ番号:0000261439更新日:2022年3月30日更新印刷ページ表示

【公募型プロポーザル】地域共生社会の実現に向けた相談支援包括化推進モデル事業業務

公募情報 ※応募は締め切りました。

 

契約担当課 健康福祉局地域共生社会推進課
業務名 地域共生社会の実現に向けた相談支援包括化推進モデル事業業務
公示 令和4年2月2日
履行場所 受注者が仕様書に定める相談支援包括化推進員を配置する事務所の住所(所在地)の属する一つの行政区(中区を除くいずれかの区)の全域
履行期間 令和4年4月1日から令和5年3月31日まで
業務概要

少子高齢化や核家族化の進行、人口減少、地域のつながりの希薄化など、地域社会を取り巻く環境の変化等により、子育て、高齢、障害、生活困窮など様々な分野の課題が絡み合って複雑化したり、個人や世帯単位で複数分野の課題を抱えるなど、対応が困難なケースが浮き彫りとなり、複合的な支援を必要とするといった状況がみられる。
本業務は、モデル事業として、受注者が配置する相談支援包括化推進員が、こうした複雑化・複合化した課題について、分野を超えて相談支援機関等相互間の連携による支援に係る調整を行うことなどにより、課題を包括的に受け止め、多機関の協働によりその解決に取り組むものである。

調達方法 公募型プロポーザル

公募結果

  参加者数 1者
  社会福祉法人楽友会

審査結果  

評価項目 配点 社会福祉法人楽友会
1 基本方針等     
 ⑴  基本方針、目的の整合性等 15点 11.4点
2 実施内容    
 ⑴ 相談者等に対する支援の実施等     
     相談支援機関等相互間の連携による支援に係るコーディネート等 20点 15.2点
   アウトリーチ等を通じた直接的な支援 10点 7.6点
 ⑵ 地域における相談支援機関等とのネットワーク等の構築 10点 4.8点
3 実施体制等    
  ⑴    実施体制・実施能力 15点 11.4点
  ⑵  相談支援業務の実績 10点 7.6点
  ⑶  従事予定者の経験・能力 10点 5.6点
  ⑷  秘密の保持及び個人情報保護 5点 3.8点
4 事業費の積算内訳    
  ⑴  積算内訳 5点 3.4点
合計 100点 70.8点
※ 各項目の点数は、審査委員の平均点である。
※ 得点は100点満点
社会福祉法人楽友会を受託候補者として特定した。

審査委員

・健康福祉局地域共生社会推進課長
・健康福祉局保護自立支援課長
・健康福祉局高齢福祉部地域包括ケア推進課長
・健康福祉局障害福祉部障害自立支援課長
・健康福祉局保健部健康推進課長
・こども未来局こども・家庭支援課母子保健担当課長

ダウンロード

様式1から様式6の一括ダウンロードはこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)