ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > プロポーザル・コンペの案件情報 > 令和3年度 > 令和3年度 方式・案件名 > 【公募型プロポーザル】令和3年度個に応じた指導研究校及び基礎学力向上特別研究校を対象とした学力調査委託業務

本文

ページ番号:0000207324更新日:2021年3月9日更新印刷ページ表示

【公募型プロポーザル】令和3年度個に応じた指導研究校及び基礎学力向上特別研究校を対象とした学力調査委託業務

令和3年度個に応じた指導研究校及び基礎学力向上特別研究校を対象とした学力調査委託業務に係る公募型プロポーザルについて

令和3年3月9日 審査結果を公表しました。

1 目的

 個に応じた指導研究校の小学校及び中学校の対象学年並びに基礎学力向上特別研究校の全学年を対象とした学力調査を実施し、児童生徒の基礎的・基本的な知識・技能の定着状況を把握するとともに、調査結果の分析を基に十分な期間をかけて指導方法等の改善を図ることで、児童生徒の資質・能力の確実な習得に役立てることを目的とするため、他の自治体(政令市等)での実績を有し、安全性、信頼性、教育的効果等において優れた業者を受託候補者として特定する。

2 業務名

 令和3年度個に応じた指導研究校及び基礎学力向上特別研究校を対象とした学力調査委託業務

3 業務内容

 別紙「仕様書」のとおり

4 委託期間

 令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

※ 本業務に係る詳細については、下記のダウンロードファイルをご参照ください。

【公募結果】

<参加者>
東京書籍株式会社中国支社

以上1者

<審査結果>
東京書籍株式会社中国支社を受託候補者として特定する。

詳細については、下記のダウンロード資料をご覧ください。

<審査委員会委員の職氏名>
委 員 長    広島市教育委員会事務局学校教育部指導担当部長     野間 泰臣
副委員長   広島市教育委員会事務局総務部総務課長         平山 高成     
委  員   広島市教育委員会事務局学校教育部指導第一課長     中谷 智子
委  員   広島市教育委員会事務局学校教育部指導第二課長     松浦 泰博
委  員   広島市教育センター次長                宅見 雄二

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)