ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 認知症 > 認知症 > 講座・研修 > 講座・研修 > 令和4年度広島市認知症介護基礎研修の実施について

本文

ページ番号:0000296089更新日:2022年8月31日更新印刷ページ表示

令和4年度広島市認知症介護基礎研修の実施について

 令和3年度介護報酬改定において、介護サービス事業者に対し、介護に直接携わる職員のうち医療・福祉関係の資格を有さない者について、認知症介護基礎研修を受講させるために必要な措置を講じることが義務付けられました(令和6年3月31日までは経過措置期間)。

 広島市においては、認知症介護研究・研修仙台センターが管理する「認知症介護基礎研修eラーニングシステム」を使用し、令和4年度認知症介護基礎研修を次のとおり実施します。

 

1 目的

 認知症介護に携わる者が、認知症の人や家族の視点を重視しながら、本人主体の介護を遂行する上で基礎的な知識・技術とそれを実践する際の考え方を身につけ、チームアプローチに参画する一員として基礎的なサービス提供を行うことができるようにするものです。

 

2 研修対象者

 市内に所在する介護保険施設・事業所等において、介護に直接携わる職員のうち、医療・福祉関係の資格を有さない者等

 
「医療・福祉関係の資格」とは、看護師、准看護師、介護福祉士、介護支援専門員、実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者、生活援助従事者研修修了者、介護職員基礎研修課程又は訪問介護員養成研修一級課程・二級課程修了者、社会福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士、管理栄養士、栄養士、あん摩マッサージ師 、はり師、きゅう師等です。

 

3 受講料

  無 料(受講料は本市が負担します。)

 

4 実施期間、申込期間及び定員

実施期間

令和4年8月31日(水)~令和4年12月28日(水)

 実施期間内であれば、いつでも受講することができます。

申込期間

令和4年8月31日(水)9時~令和4年11月30日(水)17時

 事業所責任者による手続き及び受講者による手続きをしないと申込みが完了したことになりませんので御留意ください。

定  員

1,500名

 システム上手続きを完了された場合でも、定員に達した場合は、受講することができませんので御留意ください。(その際は、本市から連絡いたします。)

 

5 受講方法

 受講申込等の手続きを行ってください。なお、「⑴ 事業所責任者による手続き」及び「⑵ 受講者による手続き」の両方を必ず申込期間内に行ってください。詳細については、令和4年度広島市認知症介護基礎研修実施要領を御確認ください。

 

⑴ 事業所責任者による手続(既に事業所コードを取得している事業所は、手続き不要)

  • システムトップページ(https://dcnet.marutto.biz/e-learning/<外部リンク>)の「事業所登録フォーム」にメールアドレス等の必要な情報を入力してください。
  • 入力内容の承認後、登録したメールアドレス宛に事業所コードが届きます。
  • 発行された事業所コードを受講希望者に通知してください。

 

⑵ 受講者による手続

  • 所属事業所から事業所コードが通知されましたら、システムトップページ(https://dcnet.marutto.biz/e-learning/<外部リンク>)の「受講申込はこちら」からメールアドレス等の必要情報を登録してください。
  • 入力内容の承認後、受講者宛に受講者ID、申込確認通知、受講料支払方法の案内が届きます。なお、受講料は本市負担のため、振込不要です。
  • 受講許可通知が届き次第、eラーニングにより受講することができます。
  • eラーニング研修全科目の受講・確認テスト終了後、システムにて修了確認・承認を行い、修了証書の発行が可能となります(システムから仙台センター長名の修了証書を印刷できます。)。

【注意事項】

 「⑴ 事業所責任者による手続き」で登録したメールアドレスは、「⑵ 受講者による手続」で再度登録することができませんので御注意ください。

 また、「⑵ 受講者による手続」の「受講申込はこちら」へ登録する際に、1つのメールアドレスで複数人を登録することはできませんので、必ず御自身のみが利用できるメールアドレスを登録してください。

 

6 その他

  • 日本語能力N4レベル(JLPT)程度で学べる「やさしい日本語」による認知症介護基礎研修eラーニングシステムが作製されていました。
  • ベトナム語、英語、インドネシア語、中国語、ビルマ語の補助テキストをダウンロードできるようになりました。
  • 「やさしい日本語」版受講者用操作マニュアルがダウンロードできるようになりました。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


認知症とは
相談窓口・支援機関
認知症の人へのサービス
講座・研修
認知症カフェ
その他