ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004363更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

市有建築物省エネ仕様

市の建築物に高レベルの省エネ仕様を導入し、率先して温室効果ガス削減に取り組みます。

目的

 この仕様は、本市が率先して温暖化対策に取り組む必要があるため、市有建築物の省エネルギーに関する導入項目(以下、「市有建築物省エネ導入項目」という。)を定め温室効果ガス排出を削減するものです。

対象建築物

 すべての市有建築物の新築、増築、改築(以下、「新築等」という。)又は改修について計画、設計する場合、「市有建築物省エネ導入項目」を検討します。

数値目標

(1)地球温暖化対策の推進

 床面積の合計が2,000平方メートル以上の新築等の建築物については、建築物総合環境性能評価システム(CASBEE広島)の広島市重点項目である「地球温暖化対策の推進」の評価点4.0を目標とします。(2)緑化の推進

(2)緑化の推進

 緑化の推進は、「地球温暖化対策等の推進に関する条例」における緑化率の規定を適用します。なお、敷地面積1,000平方メートル未満の新築等の建築物についても同様とします。

適用

 平成29年(2017年)4月1日以降に計画・設計するものから適用します。

ダウンロード

市有建築物省エネ導入項目(78KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク