ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004281更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

交通誘導警備員の配置に関する取扱いについて

公共事業の情報化と技術管理

平成30年7月豪雨に伴う交通誘導警備員の配置に関する取扱いについて

 平成30年7月豪雨災害の復旧工事に伴い、今後、交通誘導警備員の確保が困難となり公共工事の円滑な施工に支障を及ぼす恐れがあるため、広島県交通誘導員対策協議会において関係機関と調整のうえ、次のとおり交通誘導警備員の配置に関する取扱いを定めました。
 建設工事の施工は、円滑な道路交通と安全を確保するため、警備会社の交通誘導警備員を活用することを原則としますが、交通誘導警備員が確保できなかった場合はやむを得ず、平成33年3月末までの期間限定で「自家警備」を行えることとしました。

 詳細については、「平成30年7月豪雨に伴う交通誘導警備員の配置に関する取扱いについて」をご覧ください。

平成30年7月豪雨に伴う交通誘導警備員の配置に関する取扱いについて[PDFファイル/196KB]

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定
建設副産物対策
請負工事書式集
コンサルタント業務書式集
設計変更・工事一時中止に関するガイドライン
設計標準図
広島市建設工事総合評価落札方式
電子納品ヘルプデスク
よくある質問とその回答(技術管理課)
リンク