ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

生後6か月~4歳の子どもへのワクチンの接種について

ページ番号:0000302290 更新日:2024年2月22日更新 印刷ページ表示

   ワクチンメニュー

 
基本情報 ワクチン未接種者への差別禁止 12歳以上の接種
5~11歳の接種 6か月~4歳の接種 接種会場・予約方法
予約・接種状況 接種券の発行申請 接種の証明
当日キャンセル待ち 記者発表資料 健康被害救済制度
 

【目次】

  1. 接種対象者
  2. 使用するワクチン
  3. 接種を受ける場所
  4. 接種券の送付時期
  5. 副反応等

1. 接種対象者

​​広島市に住民票のある生後6か月~4歳の方

 

接種時期によっては、令和6年3月31日までに初回接種が完了しない場合がありますので、お子様の接種を希望される保護者の方は、早めに医療機関にご相談ください。
なお、初回接種が完了しない場合でも、令和6年3月31日までは無料でワクチンを受けていただくことが可能です。

 接種を受けるには保護者の同意と立ち会いが必要です

ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。保護者の方の同意なく、接種が行われることはありません。
周りの方に接種を強制したり、接種をしていない人に対して差別的な扱いをすることはあってはなりません。(ワクチン未接種者への差別は禁止です!

2. 使用するワクチン

 
ワクチンの種類 初回接種 令和5年秋開始接種
(3回目または4回目の接種)

ファイザー社製
​乳幼児用
オミクロン株XBB対応
1価ワクチン

(1~3回目接種)
2回目は1回目から原則3週間後
3回目は2回目から8週間以上

前回接種から3か月以上
モデルナ社製
オミクロン株XBB対応
1価ワクチン

(1・2回目接種)
原則4週間

※初回接種について、ファイザー社製のワクチンの場合は3回の接種で、モデルナ社製のワクチンの場合は2回の接種で接種完了となります。
​※ファイザー社製のワクチンとモデルナ社製のワクチンは初回接種の必要回数が異なるため、併用して初回接種を完了することはできません(交互接種不可)。
※ファイザー社製のワクチンによる初回接種の1回目と2回目の接種間隔については、交互接種の場合(1回目に従来型対応ワクチンを接種しており2回目にオミクロンXBB対応1価ワクチンを接種する場合)、1回目の接種から4週間経過後になります。
※接種時期に5歳になる方は注意が必要です
・4歳の方と5歳の方では、ファイザー社製ワクチンの場合、接種するワクチンが異なります。
・ファイザー社製のワクチンの場合、使用するワクチンは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します(5歳の誕生日の前々日までの方が対象です。)。1回目の接種時に4歳だった方が、2回目以降の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合でも、生後6か月~4歳用のワクチンを使用します。
・5歳になってから、1回目の接種を受ける場合は、5歳~11歳用のワクチンを使用します。接種券と予診票は5歳になるまでに届いたものをそのまま使用できます。

3. 接種を受ける場所

​医療機関で接種(個別接種)を受けることができます。予約方法等については、医療機関によって異なるため、下記医療機関一覧から予約先等を確認の上、予約をしてください。(医療機関の状況によっては接種の予約ができない可能性があります。詳しくは、接種を希望する医療機関へ直接お問い合わせください。)

生後6か月~4歳の接種を行っている医療機関一覧 [PDFファイル/791KB]

生後6か月~4歳の新型コロナウイルスワクチン接種の予約空き状況について【2月22日13時時点】
ファイザー社製乳幼児用オミクロン株XBB対応1価ワクチンの予約空き状況 [PDFファイル/604KB]

※モデルナ社製オミクロン株XBB対応1価ワクチンについて、現在、接種医療機関から空き状況の連絡はありません。(医療機関によっては、接種の予約を受け付けている場合があります。)

※一部の医療機関については広島市の予約用WEBサイトまたは予約コールセンターから予約できます。予約方法はこちら

※広島市に住民票のない方が広島市内の医療機関で接種を受ける場合はこちら

4. 接種券の送付時期

(1)初回接種(1~3回目接種)

接種券は生後概ね6か月を経過した方に順次送付します。
接種券はだいだい色の封筒で届きます。

(2)令和5年秋開始接種

前回接種の完了からおおむね3か月を経過する方に、令和5年10月4日(水)以降、順次送付します。
接種券はクリーム色の封筒で届きます。

 
※他市町から広島市へ転入した方や、接種券を紛失した方などは接種券の発行申請が必要です。
詳しくはこちら

5. 副反応等

(1)新型コロナワクチンの副反応について

  • 主な副反応は、注射した部分の痛み、頭痛、関節や筋肉の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、稀に起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。なお、新型コロナワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。
  • ごく稀ではあるものの、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を疑う事例が報告されています。接種後数日以内に胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。
  • ごく稀ではあるものの、mRNAワクチン接種後にギラン・バレー症候群が報告されています。接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

リンクマーク新型コロナワクチンの副反応について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク><外部リンク>

(2)予防接種法に基づく健康被害救済制度

新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合、その健康被害が予防接種によるものであると厚生労働省が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。制度の詳細は、こちら

(3)新型コロナワクチンの有効性・安全性

厚生労働省のウェブサイトでは、新型コロナワクチンの有効性・安全性に関する情報や、海外の情報などを公表しています。

リンクマーク新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

参考資料

リンクマーク新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(2022年10月版)<外部リンク>(厚生労働省ホームページ)

リンクマーク新型コロナワクチン接種後の注意点(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(2022年10月版)<外部リンク>(厚生労働省ホームページ)

リンクマークコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ<外部リンク>(ファイザー社ホームページ)

リンクマークコミナティ筋注6か月~4歳用添付文書<外部リンク>(独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ)

​医師には、新型コロナワクチンの接種を受けた者が、厚生労働大臣が定める症状を呈していることを知ったときは、厚生労働大臣への報告が義務付けられています。
定期の予防接種等による副反応疑いの報告等について(本市ホームページ)

 

新型コロナウイルスワクチンに関するお問合せ

​【一般的な相談について】
広島市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
082-298-0525
8時30分~17時15分 土日・祝日対応

【副反応などの専門的な相談について】
広島県新型コロナウイルスワクチン相談センター
082-513-2847
8時30分~17時30分 土日・祝日対応

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
0120-761770
9時~21時 土日・祝日対応

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)