ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000263615更新日:2022年9月27日更新印刷ページ表示

5歳~11歳の子どもへのワクチンの接種について

   ワクチンメニュー

 
基本情報 1・2回目接種 3回目接種
4回目接種 オミクロン株対応ワクチン接種 子どもへの接種
スケジュール 接種会場・予約方法 予約・接種状況
接種券の発行申請 接種の証明 当日キャンセル待ち
記者発表資料    

令和4年8月30日に、厚生労働省は、5歳〜11歳の子どもに接種できるファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンによる3回目接種について、特例の薬事承認を行いました。

広島市では、令和4年5月15日までに2回目接種を完了した方へ、9月21日(水)に接種券を送付しました。

 

【目次】
1. 基本情報
  ⑴ 対象者
  ⑵ 使用するワクチン
  ⑶ ワクチンの効果
  ⑷ ワクチンの安全性(副反応)
2. 接種のスケジュール
3. 接種を受ける場所

1. 基本情報

5歳~11歳の子どもへのワクチン接種は、1・2回目接種に加えて、2回目の接種から5か月経過した方を対象に3回目接種を実施しています。 

  • 保護者の方は、ワクチンを接種するメリットとデメリットを理解した上で、本人と話し合い、接種を受けるかどうか判断してください。
  • 令和4年9月から小児にも接種を受けるよう努める規定が適用されました。

◎接種は強制ではありません

  • 接種は強制ではなくあくまで本人、保護者の意思に基づいて受けるものです。
  • ワクチンを早く受けている人や、ワクチンを受けられない理由がある人など、様々な人がいます。
  • 接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。(ワクチン未接種者への差別は禁止です!

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

⑴ 対象者

広島市に住民票のある5歳~11歳の方が対象です。

⑵  使用するワクチン

子ども(5~11歳)用のファイザー社製のワクチンを使用します。(※)

接種の間隔は次のとおりです(接種の際は保護者の立会いが必要です。)

区分 接種間隔
1・2回目接種

通常、1回目の接種から3週間後に2回の接種

1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目を接種

3回目接種

2回目の接種から経過した日以降

(※)12歳以上の方に使用するファイザー社製のワクチンに比べ、有効成分が3分の1になっています。

接種時期に12歳になる方は注意が必要です

11歳の方と12歳の方では、接種するワクチンが異なります(同じファイザー社製のワクチンでも、用法、用量等が異なります。)。​詳細は次のとおりです。

◎1・2回目接種の場合

  • 1・2回目接種で使用するワクチンは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します(12歳の誕生日の前々日までの方が対象です。)。1回目の接種時に11歳だった方が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目の接種にも子ども用のワクチンを使用します。
  • 12歳になってから、1回目の接種を受ける場合は、12歳以上のワクチン(ファイザー社製、モデルナ社製、武田社製(ノババックス)のいずれか)を使用します。接種券と予診票は12歳になるまでに届いたものをそのまま使用できます。

◎3回目接種の場合

  • 3回目接種で使用するワクチンは、3回目接種時の年齢に基づいて判断します(12歳の誕生日の前々日までの方が対象です。)。1・2回目接種時に子ども用のワクチンを使用した場合でも、3回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合は、12歳以上のワクチンを使用します。
  • 12歳になってから3回目接種を受ける場合は、12歳以上のワクチン(ファイザー社製)を使用します。接種券と予診票は12歳になるまでに届いたものを引き続き使用できます。

⑶ ワクチンの効果

新型コロナワクチンを接種することで、新型コロナに感染しても症状が出にくくなります。5歳~11歳の子どもに対するワクチンの3回目接種後は、オミクロン株を含む新型コロナウイルスに対する中和抗体価(※)が上昇します。

また、時間経過とともに低下した1・2回目接種による発症予防効果が、3回目接種により回復すると報告されています。

(※)ウイルスの感染力や毒素の活性を中和できる抗体の値のこと

⑷ ワクチンの安全性(副反応)

1・2回目接種の場合

ワクチンを受けた後、数日以内に現れる症状は、注射した部分の痛みが一番多く、1回目で74%、2回目で71%でした。

注射を受けたすぐ後よりも、受けた日の夜や次の日に痛みを感じる人が多いです。

疲れた感じや発熱などは、1回目よりも2回目の後の方が多く現れ、38℃以上の発熱は1回目で2.5%、2回目で6.5%でした。

ワクチンを受けた後の症状は、ほとんどが軽度または中等度であり、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められないと判断されています。

現れた頻度 接種後の症状
50%以上 注射した部位の痛み、疲れた感じ
10~50% 頭痛、注射した部分の赤み・はれ、筋肉痛、寒気
1~10% 下痢、発熱、関節痛、嘔吐

3回目接種の場合

5歳~11歳の子どもに対する3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目接種の後と比べると、おおむね同様の症状がみられ、2回目接種時を上回るリスクは報告されていません。

現れた頻度 接種後の症状(2回目接種後→3回目接種後の症状の発現率)
50%以上 疼痛(72.2→73.9%)
10~50% 疲労(46.6→45.6%)、頭痛(30.1→34.0%)、筋肉痛(12.5→18.3%)、発赤(16.5→15.6%)、腫脹(14.0→16.4%)、悪寒(10.3→10.5%)
1~10% 発熱(8.8→6.7%)、関節痛(5.5→6.7%)、下痢(6.5→4.9%)、嘔吐(1.8→2.4%)
 

◎保護者の方へのお願い

  • 子どもは、成人に比べて副反応による心身の負担が大きかったり、自分でうまく伝えられなかったりすることを考慮し、接種の際は保護者(親権者または後見人)の立会いが必要です。(※)
  • 接種後、数日間はお子さまの体調に注意してください。
  • お子さまに上記のような症状や、いつもと違う体調の変化や異常があれば、かかりつけ医などに相談してください。

(※)保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子さまの健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。

1・2回目接種後の心筋炎について

ごくまれですが、海外では子どもでも軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。

米国では、5~11歳の男性における接種後の心筋炎の報告率は、12~15歳や16~17歳の男性における報告率より低いとされています。

保護者の方は、ワクチン接種後4日程度の間にお子さまに胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

なお、心筋炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。

予防接種法に基づく健康被害救済制度

接種に伴う健康被害について、国が認定したときは、医療費・障害年金等の救済が受けられる制度です。

制度の詳細は、こちらをご覧ください。

  リンクマーク新型コロナウイルスワクチン接種に係る健康被害救済制度

参考資料

 リンクマーク接種のお知らせ(5歳から11歳のお子様と保護者の方へ)(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

リンクマーク3回目接種のお知らせ(5歳から11歳のお子様と保護者の方へ)(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

 リンクマークコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ(ファイザー社ホームページ)<外部リンク>

リンクマークコミナティ筋注5~11歳用添付文書(独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ)<外部リンク>

医師には、新型コロナワクチンの接種を受けた者が、厚生労働大臣が定める症状を呈していることを知ったときは、厚生労働大臣への報告が義務付けられています。
定期の予防接種等による副反応疑いの報告等について(本市ホームページ)

2. 接種のスケジュール

1・2回目接種

これから5歳になる方は次のとおり接種券を送付します。接種券が届き次第、接種の予約が可能です。

接種券は水色の封筒で届きます。

  • 誕生日が1日から15日の場合
    満5歳になった月の末日までに到着するよう発送
  • 誕生日が16日から末日までの場合
    満5歳になった月の翌月15日までに到着するよう発送

3回目接種

令和4年5月15日までに2回目接種を完了した方へ、9月21日(水)に接種券を送付しました。

接種券は青色の封筒で届きます。

接種券が届き次第、接種の予約が可能です。

その後は、2回目接種の完了からおおむね5か月経過した方に順次、接種券を送付します。

3. 接種を受ける場所

個別接種

5~11歳の接種を行っている医療機関一覧(9月27日更新) [PDFファイル/467KB]

※ワクチンの接種は、原則、住民票のある自治体で受けていただく必要がありますが、単身赴任などやむを得ない事情で、広島市に住民票のない方が広島市内の医療機関で接種を受ける場合は、申請を行い、住所地外接種届出済証の交付を受ける必要があります。申請方法はこちら。ただし、広島県内に住民票がある方は、広島市に住民票のない方でも住所地外届出済証の申請は不要です。詳しくはこちら

コールセンター

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナウイルス感染症の発生等に関する記者発表(YouTube)<外部リンク>

ワクチン<外部リンク>

コロナウイルスに関する英語サイト

広島市の緊急対策
広島市主催のイベント・施設等
広島市新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議
関連リンク
関連情報

発熱などの症状があったら

感染拡大を防ぐために

感染が広がるイメージ図

市民の皆様へのお願い