ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000192964更新日:2020年11月9日更新印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症に係る診察室や待合室の追加、施設の用途変更等の手続きについて

病院又は診療所(個人開設を除く)が開設許可事項を変更する場合には、通常事前に許可を受けなければならないこととされていますが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、厚生労働省事務連絡により、事後の申請等でよいなど、緩和措置がとられています。

つきましては、敷地内にプレハブやテントを設置し、診療する場合や、建物内の部屋の用途を変更する場合などについては、以下により手続きをお願いします。

【提出時期】
変更後で可

【提出部数】
2部

【提出様式】
病院の場合
病院変更許可申請書(新型コロナウイルス感染症に係るものに限る) [Wordファイル/42KB]

診療所(法人開設)の場合
診療所変更許可申請書(新型コロナウイルス感染症に係るものに限る) [Wordファイル/42KB]

診療所(個人開設)の場合
診療所変更届 [Wordファイル/44KB]

※ 書類の提出は郵送でも受け付けていますが、郵送される場合は、返信先を明記し切手を貼付した返信用封筒を同封してください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


新型コロナウイルス感染症の発生等に関する記者発表<外部リンク>

コロナウイルスに関する英語サイト

コロナウイルスに関するやさしい日本語サイト

広島市の緊急対策
広島市主催のイベント・施設等
広島市新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議
関連リンク
関連情報

市民の皆様へ

発熱などの症状があったら

感染が広がるイメージ図

感染拡大を防ぐために

寒い時期の感染対策

市域を越えた移動が必要なときは