ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000161230更新日:2020年6月30日更新印刷ページ表示

新しい生活様式を心がけましょう

【新型コロナウイルス感染症拡大防止のために】
国が設置した新型コロナウイルス感染症対策専門家会議から、新型コロナウイルス感染症に対する長丁場の対応を前提とした「新しい生活様式」が示されました<外部リンク>
今後、日常に取り入れていきたい生活様式を紹介します。 

「3つの密」の回避

感染を拡大させるリスクとなる「3つの密」を回避しましょう
密閉空間 密集場所 密接場面
密閉回避 密集回避 密接回避
こまめな「換気」をしましょう 人と人との距離を取りましょう 近距離での会話は避けましょう
3つの密を避けましょう!〔首相官邸〕<外部リンク>
3つの密を避けるための手引き!〔首相官邸〕<外部リンク>
「密閉」「密集」「密接」しない!〔首相官邸〕<外部リンク>
※近距離:互いに手を伸ばして届く距離

「新しい生活様式」の実践

感染防止の3つの基本
身体的距離の確保 マスクの着用 手洗い
身体的距離の確保 マスクの着用 手洗い

■人との間隔は、1~2m空ける
■「3つの密」を避ける
■「屋内」より「屋外」で遊ぶ
■会話をするときは、なるべく「真正面」を避ける

■外出時や会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用する

※暑い時期にマスクを着用するときは、こまめな水分補給などにより熱中症に十分に注意する

■家に帰ったら、まず手や顔を洗い、すぐに着替える
■手洗いは「30秒程度」かけて、「水とせっけん」で丁寧に洗う(手指の消毒薬を使うのも可)

乳幼児のマスク着用の考え方(特に2歳未満の子どもは注意)〔日本小児科学会〕<外部リンク>
  感染症対策-正しいマスクの着用〔厚労省〕<外部リンク>
布マスクの全戸配布に関するQ&A〔厚労省〕<外部リンク>
熱中症の予防、対処方法〔広島市〕
手洗い〔厚労省〕<外部リンク>
Youtubeチャンネル「正しい手洗い方法」〔厚労省〕<外部リンク>
※高齢者や妊婦、持病のある人などと会う際には、体調管理に特に気を付けましょう 
日常に取り入れていきたい「新しい生活様式」
日常生活 食事・会食 移動
(公共交通機関)
移動
(遠距離)
日常生活 食事・会食 移動(公共交通機関) 移動(遠距離)
■「3つの基本」の徹底
■咳エチケット
■こまめな換気
■毎朝、健康をチェックし、発熱や風邪の症状があるときは、自宅で療養(状況によっては医療機関などに相談
■大皿を避けて、料理は個別に
■対面でなく、横並びで
■回し飲みは避ける
■テイクアウトや出前を活用する

■会話は控えめに
■混んでいる時間帯は避ける
■徒歩や自転車も併用

■感染の流行地域への移動は控える
■発症したときのために「誰とどこで会ったか」をメモする
■地域の感染状況に注意

咳エチケット〔厚労省〕<外部リンク>
熱中症予防に注意した「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法について〔厚労省〕<外部リンク>
  新型コロナウイルス接触確認アプリ〔厚労省〕<外部リンク>
地域ごとの感染状況等の公表について〔厚労省〕<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)〔厚労省〕<外部リンク>
買い物 働き方 娯楽・
スポーツ

〔厚生労働省〕
新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)<外部リンク>

〔内閣官房〕
業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧<外部リンク>

〔広島県〕
新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の今後の対応(移動の自粛、施設ごとの感染防止対策ガイドラインなど)<外部リンク>

買い物 働き方 娯楽・スポーツ
■1人か少人数で、すいた時間に
■計画を立て、素早く済ます
■レジに並ぶときは、前後にスペースを
■電子決済や通販を利用
■「テレワーク」や「ローテーション」勤務
■時差通勤
■会議はオンラインで
■対面での打ち合わせが必要な場合は、「換気」と「マスク着用」を忘れずに
■筋トレなどは自宅で動画を活用
■ジョギングは少人数で
■公園はすいた時間や場所を選ぶ
■歌や応援は、十分な距離をとるか、オンラインで
密を避けて気持ちよく買物をしていただくために〔農水省・経産省・消費者庁〕<外部リンク>
食料品についてのお願い〔農水省・経産省・消費者庁〕<外部リンク>
新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)〔厚労省〕<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症に対する安全職場対策シート〔広島県〕<外部リンク>
 

関連リンク

新型コロナウイルス感染症について〔厚生労働省〕<外部リンク>
新型コロナウイルス感染症対策〔内閣官房〕<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)