ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 市税の徴収猶予期間中に軽自動車の継続検査(車検)を受ける方へ

本文

ページ番号:0000160750更新日:2020年5月28日更新印刷ページ表示

市税の徴収猶予期間中に軽自動車の継続検査(車検)を受ける方へ

 新型コロナウイルス感染症の影響により軽自動車税(種別割)の徴収猶予の特例を受けている方が、猶予の期間中に対象車両の継続検査(車検)を受ける場合、「徴収猶予承認通知書(特例)」(備考欄に車両番号が記載されたものに限ります。)※を「納税証明書(継続検査用)」として使用できます。
 ※対象車両に係る軽自動車税(種別割)について、猶予対象の年度分以外の年度分に未納がある場合、「徴収猶予承認通知書(特例)」に車両番号は記載されません。継続検査(車検)には納税証明書(継続検査用)が必要となりますので、市税事務所・税務室の窓口で未納分を納付の上、納税証明書の交付請求をしてください。

 「徴収猶予承認通知書(特例)」を紛失した場合、又は特例以外の徴収猶予を受けている場合は、「徴収猶予の適用期間中である旨」を記載した「納税証明書(継続検査用)」が必要となりますので、市税事務所・税務室の窓口で納税証明書の交付請求をしてください。

 納税証明書の交付請求については、「01_市税の証明と閲覧」の「2(2) 納税証明書」をご覧ください。
 ※窓口混雑の緩和のため、郵送による請求にご協力ください。

 

 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方への徴収猶予の「特例制度」について

 新型コロナウイルス感染症の影響により市税等の納付が困難な方に対する猶予制度について

 「徴収猶予承認通知書(特例)」は、徴収猶予の申請後、申請内容を確認・審査し、徴収猶予を決定した後に送付します。徴収猶予の申請後、直ちに「徴収猶予承認通知書(特例)」を受け取ることはできませんので、ご注意ください。