ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000155128更新日:2020年5月1日更新印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症に係る事業ごみ(一般廃棄物)の出し方について

 新型コロナウイルスに感染された方、又は感染が疑われる方が事業所におられた場合に事業ごみ(一般廃棄物)を出す際は、収集作業員や選別作業員の感染リスクを下げるためにも、次のことに気を付けてください。

  •  使用済みマスクやティッシュペーパーなどを事業ごみで出す場合は、まず透明または半透明のポリ袋に入れ、これを更に「可燃ごみ」指定袋に入れてください。
  •  また、「プラスチックごみ」と「不燃ごみ」についても、「可燃ごみ」と同様にして、それぞれの指定袋に入れて二重にしてください。
  •  ごみを出す際は、
      「ごみに直接触れない」、「ごみ袋はしっかり封をする」、「ごみを捨てた後は手を洗う」
     ことを意識してください。
  •  新型コロナウイルスに感染の疑いがない方のごみの出し方については、これまでどおりです。

 

(参考)ご家庭でのマスク等の捨て方 [PDFファイル/544KB]

廃棄物処理における新型コロナウイルス感染症対策に関するQ&A(抜粋) [PDFファイル/3.19MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


コロナ<外部リンク>

ワクチン<外部リンク>

コロナウイルスに関する英語サイト

コロナウイルスに関するやさしい日本語サイト

広島市の緊急対策
広島市主催のイベント・施設等
広島市新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議
関連リンク
関連情報

発熱などの症状があったら

感染拡大を防ぐために

感染が広がるイメージ図

市民の皆様へのお願い