ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 国民年金関係届書の提出遅延に伴う支給差止めの一時中止について(新型コロナウイルス感染症関連)

本文

ページ番号:0000153970更新日:2020年6月8日更新印刷ページ表示

国民年金関係届書の提出遅延に伴う支給差止めの一時中止について(新型コロナウイルス感染症関連)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図る観点から、年金をもらっている方が提出する必要がある届書が、指定期日までに提出されなかった場合でも、令和2年7月末日までに提出があれば、年金及び年金生活者支援給付金について、支払いを止めない取扱いとなりました。

1 対象となる届書

提出期限が令和2年2月末日から同年6月末日までの間にある以下の届書

〇 現況届

〇 生計維持確認届

※ 障害状況確認届については、提出期限が令和2年2月末日から令和3年2月末日までの間にある場合、
  提出期限が1年間延長されています。
   詳しくは以下のページをご覧ください。

   障害基礎年金等に係る障害状況確認届の提出期限延長について(新型コロナウイルス感染症関連)

2 支給の差止め時期

提出期限が令和2年2月末日から同年6月末日までの間にある届書等が、同年7月末日までに提出がない場合、同年10月の定期支払分から、加給年金額、子の加算額または年金全額の支払いが一時差し止められます。

なお、提出期限が令和2年7月末日以降にある届書等については、通常どおりの取扱いとなります。