ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000153755更新日:2020年10月16日更新印刷ページ表示

特別定額給付金について(受付は終了しました)

【特別定額給付金の申請受付は終了しました】

令和2年8月28日(金)(郵送申請は当日消印有効、オンライン申請は当日24:00まで)で申請受付を終了しました。

 

総務省を騙った不審メールにご注意下さい!(総務省からのお知らせです。)

10月15日(木)の早朝頃から、総務省を騙るメールアドレス(info_atmark_soumu.go.jp)から、「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」といった旨及び偽の特設サイトに誘導するリンクが含まれたメールが送信されているとの情報が寄せられています。(メールの誤送付防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しています。)

当該メール及びサイトは、総務省も含め、行政機関によるものではなく、情報の搾取などを目的としたものと思われますので、決してリンクにアクセスせず、当該メールを削除してください。また、特別定額給付金について、政府からメールなどでお知らせをすることはありませんので、 上記以外のメールアドレスから、総務省や行政機関を名乗ったメールが届いたとしても、情報の搾取などを目的としたものと考えられますので、ご注意ください。

 

給付状況について

9月25日(金)現在、受け付けた申請のうち、569,337件を給付しています(給付率99.4%)。

 

今後の給付予定日(10月1日現在)

 

10月の給付日については、2日(金)、9日(金)、16日(金)、23日(金)、30日(金)を予定しています。

 

郵送申請の給付状況

令和2年6月12日(金)から順次給付を行っており、郵送申請受取日※1【事務処理センター受取日】からおおむね2~3週間程度で給付となります。※2 

※1 受取日は、私書箱から事務処理センターが封筒を受け取った日であり、申請された方がポストに投函した日から、1~2日後になります。

※2 このスケジュールは、申請内容に不備のない方の場合の見込みです。申請内容に不備がある方や口座への振込ができなかった方へのご連絡は、順次行っています。(詐欺被害防止の観点から、市からのご連絡は原則、郵送で行います。)また、金融機関により、振込日に口座へ入金される時刻は異なります

申請内容に不備等がある場合には、内容の確認に通常よりも長い時間をいただいております。できる限り早く作業を進めてまいりますので、もうしばらくお待ちください。

郵送申請の申請内容に不備がある場合には、郵送による通知でご連絡させていただいております。内容をご確認いただき、不備事項について補足の上、同封の返信用封筒にてご返送ください。

 

〇郵送申請の給付に係る主な流れ

郵送申請は、申請内容の確認などいくつかの段階を経て、各金融機関への口座振込処理を行うこととなります。

主な流れ

説明

 

申請書の郵便ポストへの投函

 

 

私書箱からの返信用封筒の受取

 

 

返信封筒の開封

 

 

申請書の受付

 

 

申請書などの画像読込(スキャニング)

 

 

申請内容確認

 

 

給付決定

 

 

金融機関向け振込データ作成・支払処理

 

 

各金融機関への振込データの送信

 

 

申請者・受給権者の口座への振込

 

 

広島中央郵便局私書箱27号に集荷され、市職員及び事務処理センター事務員が受け取ります。

 

 

返信された封筒の中から、申請書、申請者の本人確認書類や振込口座の確認書類、代理受給者の本人確認書類などを取り出し、同封物を次の段階に向け、整頓します。

 

申請書ごとのバーコードを読み込み、給付金の管理システム内に受け付けます。

 

申請書、申請者の本人確認書類や振込口座の確認書類、代理受給者の本人確認書類などと、申請者情報とを、システムの中で関連付け(紐付け)します。

内容を確認する担当者に、一定件数ごとに割り当て、本人署名の有無や振込口座情報の記載漏れ、氏名等の整合性の確認などを行い、不備がなければ完了になります。

内容確認済の申請を、一定件数ごとに給付決定します。

金融機関相互で、大口件数のやり取りができるデータを作成し、広島市の会計管理者から、指定金融機関を経て、各金融機関の支店ごとに振込データが送信され、皆様の口座に振り込まれます。

 

 

 

 

 

 

特別定額給付金のお知らせ

令和2年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に注意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。 

 

外国人(がいこくじん)のかたへ

やさしい日本語(にほんご)や英語(えいご)で説明(せつめい)しています。

みなさんの生活(せいかつ)を助(たす)ける特別(とくべつ)なお金(かね)〔特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)〕がもらえます/site/yasashii/154397.html(広島市ホームページ)

 

事業の概要

1 給付対象者

基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されていると認められる方

 

2 受給権者(給付金を受け取る方)

給付対象者の属する世帯主の方

例:3人世帯の場合、世帯主が申請し、3人分の給付金を受け取ります。

 

3 給付額

給付対象者1人につき10万円

 

4 申請方法及び申請時期

感染拡大防止の観点から、郵送またはオンラインによる申請にご理解とご協力をお願いいたします。

 

(1)郵送申請方式

申請書は5月29日から順次発送いたしました。

申請書に給付金受取口座等の必要事項を記入し、給付金受取口座の確認書類(金融機関名、口座番号、口座の名義人が分かる通帳やキャッシュカードのコピー、インターネットバンキングの画面のコピー(スクリーンショット等を印刷したもの))と本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード(顔写真付きのカード)、健康保険証等のコピー)を同封し、返信用封筒で広島市に郵送していただく方法です。返送先は「広島市特別定額給付金 事務処理センター(広島中央郵便局私書箱27号)」となっています。なお、還付先として広島中央郵便局私書箱13号も設置しています。

 

 申請書A面の画像 申請書B面の画像

 特別定額給付金申請書の記入の仕方 [PDFファイル/648KB]

 特別定額給付金申請書の記入方法についてはこちらもご確認ください。/site/korona/161297.html(広島市ホームページ)

 

(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

マイナンバーカードをお持ちの方が利用可能です(5月13日から受付中です。)。
マイナポータル(マイナンバーに関する情報の閲覧や電子申請を行えるポータルサイト)から給付金受取口座を入力し、給付金受取口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要です。)していただく方法です。

 オンライン申請については、こちらのページ(/site/korona/171835.html)を参照してください。

 

(3)申請期限

令和2年8月28日(郵送申請方式は当日消印有効、オンライン申請方式は当日24:00まで)

※受付は終了しました。

 

5 給付方法

原則として、申請者(世帯主)の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。

広島市特別定額給付金申請書において、銀行口座をお持ちでないと回答いただきました方につきましては、お知らせを7月13日(月)から順次発送しています。

 

6 よくあるご質問

以下のファイルをご覧ください。

よくある質問 [PDFファイル/325KB]

 

7 問合せ先

広島市企画総務局総務課(特別定額給付金担当) 082-236-9207

特別定額給付金の詳細については、総務省ホームページもご覧ください。

総務省「特別定額給付金ポータルサイト」https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/index.html<外部リンク>

給付金を装った詐欺にご注意ください!

広島市においても、市職員を騙る電話でキャッシュカードをだまし取られる事案が発生しています!
市職員がキャッシュカードを預かることはありません!

市職員や総務省等が以下のことをお願いすることはありません。ご注意ください。
・ATMの操作をお願いすること
・特別定額給付金の給付のため、手数料の振込みを求めること
・銀行口座に関する情報を電話で問い合わせること
・メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること


今後も特別定額給付金に関連する特殊詐欺が連続発生するおそれがありますので、被害にあわないために、怪しい電話がかかってきたら、家族や知人、警察に相談しましょう。

給付金の詐欺に注意してください

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)