ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(3月25日改訂)について

本文

ページ番号:0000144578更新日:2020年3月25日更新印刷ページ表示

広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針(3月25日改訂)について

 令和2年3月25日開催の広島市新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議において、以下のとおり「広島市主催のイベント等の開催に関する基本方針」を改訂しましたので、お知らせします。※今回改訂部分を太字斜体にしています。

 これまでに引き続き、感染拡大の防止対策を徹底するために、広島市(公益的法人等を含む。)主催のイベント等の開催については、同年4月12日までの間、以下のとおり取り扱うこととします。

 つきましては、市民や民間企業の皆様におかれましても、主催するイベント等の開催について、この基本方針に準じた取扱いをお願いします。

 

1 イベント等の開催の可否について

 (1) 開催を予定しているイベント等については、咳や発熱などの体調不良がある方、過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、過去2週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴がある方は参加しないこと、持病のある方や高齢者、妊婦等は参加を控えることを必ず事前にホームページ等で告知する。あわせて、有料のイベント等の場合には、上記に該当して参加しない方には原則として料金を返金する旨をホームページ等で告知する。

 (2) 開催を予定しているイベント等が、高齢者等のハイリスク者を対象とするもの、又は高齢者等のハイリスク者が参加者の半数を超えると見込まれるものであるときは、中止又は延期する。また、互いに手を伸ばすと届く距離で多くの人が対面や横並びで会話するような環境で開催するもの※や、互いに手を伸ばすと届く距離で食事を提供するような環境で開催するもの、スポーツや音楽、ダンス等、屋内の閉鎖的な空間において参加者同士が至近距離で交わるような活動を行うものも、中止又は延期する。

    ※講演会やコンサートなど、イベントの開催中には会話がなくとも、開催前後において会話が発生するものを含む。

 (3) (2)に該当しないものや、入学式等この期間に開催する必要があり、開催日の変更が困難なものについては、少なくとも下記2の感染予防対策を確実に実施するとともに、このページ下部に添付の「多くの人が参加する場での感染対策のあり方の例」を参考にイベント等の特性に配慮した対策を工夫の上、開催する。

 

2 感染予防対策

 (1) 開催場所の設営方法等

  ・会場入口や会場内の複数個所にアルコール消毒液を設置する。アルコール消毒液の設置が困難な場合は、会場入口やトイレの手洗い場等に予防について国が示した啓発ポスターを掲示する。

  ・参加者には、会場内で咳エチケットの徹底や手洗いなどの実施を要請する。

  ・構造上可能な場合は、休憩時間などに換気を行う。

  ・ドアノブ等に触れる機会が少なくなるよう、ドア等は支障のない範囲で開放する。

 (2) 開催関係者の対応等

  ・食事を提供する場合、調理者や食事の提供者はマスクを着用し、手洗いを励行する。

  ・終了後は、参加者が触れたものをアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒する。

 

3 お問い合わせ先

 (1) 市が主催するイベント等の開催に関する基本方針について

   健康福祉局保健部医療政策課         電話:082-504-2668 

 (2) 市民や民間企業の皆様が主催するイベントの開催に関する相談について

  企画総務局企画調整部政策企画課企画調整係   電話:082-504-2014、082-504-2025

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市民の皆様へ
市立学校における一斉臨時休業について
イベント等の開催について
施設の臨時休館等について
関連リンク
関連情報