ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 核実験等への抗議文 > 北朝鮮の核実験に対する抗議文(2009年5月26日)

本文

ページ番号:0000009598更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

北朝鮮の核実験に対する抗議文(2009年5月26日)

朝鮮民主主義人民共和国
国防委員長 金正日 様

抗議文

貴国が核実験を強行したとの報に接した。

核兵器廃絶を求める被爆者をはじめ被爆地ヒロシマの願いを踏みにじる暴挙であり、強い憤りを覚える。核兵器廃絶に向けた世界的な気運が高まる中、国際社会による来年の核不拡散条約(NPT)再検討会議の成功を目指した懸命の努力に水を差すものであり、国際社会は断じて許さない。先般のミサイル発射実験に続く貴国のこうした挑発的な行動が、他の核保有国や核保有願望国の核開発を加速させ、世界の平和と安定の構築を損ねることを強く危惧する。

貴国は、核兵器の持つ非人道性について十分思いを致し、「核兵器は人類滅亡を引き起こす絶対悪である」という被爆者のメッセージを真摯に受け止め、全ての核兵器と核計画を即刻放棄するよう求める。さらに、核不拡散条約(NPT)に復帰し、核抑止力に頼らない外交努力を行うなど、核軍縮に向けた誠実な交渉義務を果たすことを改めて強く要請する。

2009年5月26日

広島市長 秋葉 忠利