ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 核実験等への抗議文 > アメリカとソビエトの核実験に対する抗議文(1979年8月5日)

本文

ページ番号:0000009388更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

アメリカとソビエトの核実験に対する抗議文(1979年8月5日)

アメリカ合衆国大使館 特命全権大使
マイケル・マンスフィールド閣下
ソビエト連邦大使館 特命全権大使
ドミトリー・ステパノビッチ・ポリヤンスキー閣下

抗議文

原爆投下34周年の原爆記念日を明日に控え、平和への願いが、いやがうえにも盛り上がっているとき、またも貴国政府が、ヒロシマの心を無視して核実験を強行したことは遺憾であり、憤りを覚える。

広島市民を代表して厳重に抗議する。

貴国政府は、世界の世論が軍縮へと志向している現状を認識し、人類の生存を脅かす核兵器を廃絶するため、何よりもまず核実験を停止されるよう、強く求める。

1979年8月5日

広島市長 荒木 武